きょう


今日も会社のケータイを叩き割ってやりました。
というか普通に過失で割ってしまいました。

昨年12月に続き二回目です。
すげー怒られるかなー、と思ったけど、所長が冷静であんまり怒られませんでした。「こちらとしても、なんで壊してしまったか、と言うよりは、壊してしまうような物を持たせてしまった、という意識でいるようにしています」と言っていました。頭が良くて助かります。

とは言え二回目です。軽くたしなめられました。

なんでも、
横浜など3か所ある、うちの会社のスマホ導入営業所で、まだ破損したケースは僕一人なのだそうです。我ながら謎です。自分で言うのもなんですが、そこそこ仕事は出来る方なので、この結果には憤慨意外なのです。

思えば自分の私用携帯もこの3月に割っているし、これはもう何か不思議な力が働いているとしか思えません。深層意識のスマホへの憎しみが無意識のうちに表面化しているのでしょうか。

・・・

おとといは相撲を見に行きました。
靖国奉納相撲です。タダなのです。野外で景色もいいのです。

朝の十時から飲み始めて、昼の三時に相撲が終わっても赤羽に移動して飲み続け、夜中の十一時まで飲んでいました。完全にクルクルパーになっていました。

翌朝に携帯を見たら、都内に在住の友達へ、
「としおかです。元気ですか。終電なくしました。」
というメールが打ってありました。

おぼろげな記憶を辿ると、
帰路、渋谷かどこかの電車のホームで悶絶しながら、終電がないことに気づき、泊めてもらおう、と思って付近の友達にメールを打とうとして、途中でなんかわからないけど電車が来たのでとりあえず乗ってしまえ、と乗って、メールもまあ途中だしもう関係ないけど、もったいないから送るだけ送っとくか、と送った気がします。完全にクルクルパーです。

飲んでいる最中も、
トイレから帰ったら連れの友人が寝ている、
でもこっちも酔いすぎてるから、それが自分の友人か、知らない人か、自信がない、
起こしてみても顔がゲシュタルト崩壊して識別できない、
「お前だれ?お前だれ?」と連呼してたずねる、
向こうも向こうで泥酔してるからハードコアに噛み付いたりしてくる、

という阿鼻叫喚地獄を繰り返していた気がします。

その店には15分ぐらいしか居た記憶がないのですが、
店員さんに「もう帰って」と言われた事から推測すると、もっとたくさん居たんだろうと思います。記憶はトータルで3時間分くらい無いです。

飲み終わって赤羽駅に着いたとき、
終電を調べると無くなってて(たぶんクルクルパーなので何か間違ったんでしょう)、「赤羽で 終電なくした まじファック」とSNSで一句詠んだら、友人が二人「まだあると思いますよ」「まだありますよ」とレスを付けてくれて、あれ、こんな優しい人たちいるんだな、と思いました。

まあ結局なんでか、菊名までしか帰れてないんですけど。

赤羽から日吉あたりまでどうやって帰ったのか、全然おぼえてないです。

・・・

クラシック

ちかごろ仏教とか考えてること多いせいか、
400年前とかだと「最近だなー」と思ったりするようになりました。
バッハとか、いわゆるクラシックとして僕が認識しているものも、
歴史はせいぜい400年かー、と思うと、意外と最近なんだなー、と思います。

でもバッハの時代にはまだレコードはなかった、
あの時代のナマの演奏ってどんなだったんだろう。
聞いてみたかったなー、と思ったりしました。




[PR]
# by toshiokake2 | 2018-04-18 23:09

きのうに引きつづき


きのうに引きつづき考えごとを

人よりちょっと多く持ちたい
平均収入よりちょっと上がいい
中の上の暮らしがいいかな という願望は

とくに日本人ならよくある姿勢だと思うのですが
そして僕もわりとそうなのですが

この そんなに贅沢は望んじゃいないんだ ちょっといいぐらいで
という 一見つつましやかな願いは
実は つつましくもなんでもなくて みんながそれで 何世代もつづくと いつか必ず資源が枯渇する

たとえば

ある世代で
平均資産を50
目標資産を55(ちょっといい暮らし 中の上 のレベル)
として
その世代で 全員が目標資産を達成すると

次の世代は
平均資産55
目標資産60.5(平均資産55×110%)
になって

毎世代で平均資産が10%ずつ増加して行って
何世代も後になると 平均資産はとても増大し つまり人類総資産は何倍にもなり それはすなわち 資源をそれだけ喰いつぶしている ということなので

えらいこっちゃ なります

(資産をなにで計るの?とか無視してますが)

つまり

人よりちょっといい暮らしでいい という願いは つつましくもなんともない

それだけで人類は破滅できる

すごいシンプル


じゃあ 人よりちょっと少なく を目指すといいのかな?

とか考えて

そうすると 平均値より 収入と消費をちょっと少なくする方法

あ それ 老化 じゃん

あ そしたら高齢化も理にかなってるな

少子高齢化って意外とアタマいいのかもな 総消費減るものな

人類って 地球から見て 意外とアタマよくできてんのかもな

・・って思ったりしました。


滅びの美学

という言葉が ここ数年よくアタマに浮かぶけど

これは言葉の響きがわるいし それに滅ぶわけでもないから 意味も間違ってるな

自然にフィットするシステム

そんな感じかな 少子高齢化 とか

なんかかってに そんなんなってくよう出来てんのかな


滅びの美学 か
自然にフィットするシステム か わからんけど

今後の日本ではとくにそういうのがフィーチャーされるんじゃなかな

サステイナブル?持続可能な社会?とかとは ちょっとちがうイメージ 似てるけど
維持や持続でなく ポジティブな減少・縮小 そんなんかな

べつに持続しなくてもいいし ただ美しければいい


なんつって


(※平均値が必ずしも普通を示すわけではありませんが、簡略化のためここでは平均という言葉を使いました。)



今日は娘とドラえもんの映画を見に行きました。

ほかに何もいらんと思うよな そーゆーときは




[PR]
# by toshiokake2 | 2018-04-15 21:57

人より


人より多く持ちたいと思えば 将来に資源はかならず枯渇する
人より少なくていいと思えば 物は足りる

昨日より多く持ちたいと思えば 物は永久に足りず
昨日より少なくていいと思えば 物は足りる

あまりにも単純で どこかで聞いた事のあるようなセリフ いつかも思ったことのあるような話だが また今日ふとそう思った

シンプルです

もう何年も何千年も人類は進化して来ているのに たくさんのことが便利になっていろいろ手に入っているのに モノが欲しいという気持ちは消えない つまりこれは政治や経済状況のせいではない もちろん総理大臣のせいでもない そうしたことは短期的な小さな浮き沈みに過ぎない

やはり本質的には上記のようなシステムが根底にある それは僕の性質でもある


きのう友達と飲んだからか
やぎたこさんのライブを聞いたからか
それとも生活がある程度ととのってきたからか

またこういうことを考えている

やぎたこさんの音楽はすばらしい

We Shall Overcome というアルバム
いろんな人に参加してもらってつくったアルバム

その素晴らしさは

アッパーでもロウワーでもなく 中心を打つ
アッパーに駆り立てるのでも ロウワーに落ち着かせるのでもなく その中心を打ってくる音に聞こえた

普通である
普通の中心 その力強さ

ちょっと聞くと 普通で 聞き流してしまいそうな音 でもすこしひっかかる

なんだろう このひっかかりはなんだろう

そうして聞いていると わかってくる

このかんじ

陽のあたる道のコーヒーや

臍藤シンタさんの音楽に似ている

だんだん感じる 普通の背面にあるものを感じる 感服します


転話

自由

自由とは土台の上に立つものだな とちかごろ思う

自由とは なにもかもから自由 ということかと昔は思っていたが
離婚して家族を失ってみると 自由になったはずなのに ぜんぜん自由じゃなかった
物理的には自由だが 心は自由ではなかった 落ち着かなかった

自由を感じるためには
なにかしらの土台 よりどころのようなものが必要なのかなと思う

家族とか そうでなければ人とのふれあいとか 自然とか
人によってその土台はちがうだろうけど

自由であるために

必要な収入って いくらぐらいなんだろう?

ベーシックインカム? とか想起する でもそれだと俺チョットタリナイナー とかすぐ思う 貪欲 (だから冒頭のような事もまた想起するのです)


なんかキレイな話ばかりして 自分を着飾ってるみたいで 恥ずかしい


ひとが
少ない収入でも
自由に楽しく生きるために 必要なものってなんだろう

音楽はいいね へらない
友達と話すのも へらない



[PR]
# by toshiokake2 | 2018-04-14 20:58

きのう


お客さんの植木鉢を割ってしまった。

すごくいい人で、「いいですよ、いいですよ〜」と、明るくゆるしてくれた。

申しわけないのと、
相手があんまりやさしいのと、
自分が小さく見えるのと、それが気持ちいいのとで、
すこし泣きそうになってしまった。

しあわせってのは、ああいう人のことを言うんだろな、と思ったりした。

今日もそのことを思い出した。
小さな自分、
どこまでもつづく白い平面の上に、小さな自分がいるイメージができた。

しばらくそのイメージで遊んでいたが、
とくに進展はなかった。



[PR]
# by toshiokake2 | 2018-04-11 19:23 | feel

舞鶴大相撲春巡業「救急処置の女性に『土俵下りて』」問題について


表題について、論点を整理します。

(1)人命に関わる非常時にも関わらず、大相撲の風習を優先したアナウンスがあったのは、是か否か
(2)大相撲の土俵に女性が上がれないのは是か否か
(3)大相撲の挨拶で男性は土俵に上がれて、女性は上がれないのは是か否か

以上3つの論点があります。
それぞれを分けて考える必要があります。

・・・

(1)について 否
これについては、世論は非常時には女性も土俵に上がる事を支持する側が大半のようですし、相撲協会も行司の誤った判断だったと謝罪しています。
個人的には思う所もありますが、公にこの是非を問う上では、世論と相撲協会の姿勢から、議論の余地はありません。

(2)について これまで是 これから不明
舞鶴での問題は(1)ですが、そこから(2)に世論は派生しました。これは男女同権の問題とも結びつくので、多くの人を巻込んだ論点となりました。歴史的には、土俵女人禁制の伝統は意外と歴史が浅く明治時代からで、伝統ではなく因習ではないか、という意見もあります。そもそも初期に相撲をとっていたのは女性と言われています。また、女人禁制の根拠は、土俵の神が女性であり、ほかの女性が土俵に上がると神が嫉妬してしまうから、ということになっています。この根拠が提唱された当時、それが方便であったのか、何かほかの理由があったのか、ということまではわかりません。

(3)について これまで是 これから不明
舞鶴のあと、宝塚女性市長が土俵上からの挨拶を希望し、相撲協会に断られました。これは相撲協会としては今まで通りの対応ですが、時期的に世論をにぎわす話題となりました。

これらの世論の盛り上がりを受けて、相撲協会も何らかの世論と折り合いのつく方法を検討する必要に迫られているでしょう。とは言え、安易に男女同権の世論に迎合しては、伝統(あるいは因習)を重んじる相撲ファンを裏切る事になりますので、頭の痛い問題です。

また、(3)にまつわる記事を閲覧していて、淋しさを覚えるのは、宝塚市長のコメントに「女性という理由でできないのは悔しい」という言葉はあるのですが、「大好きな相撲の土俵に女性だから上がれなくて悔しい」とか、「尊敬する相撲の土俵に上がりたかった」とか、相撲への敬意をあらわす言葉や、相撲への愛を感じられる言葉は、記事の上では一切ないのですよね。もしかすると、記事になっていない言葉の中にはあるのかもしれませんが、そうだとしても、その場合は記者の判断として、「宝塚市長の相撲への敬意の有無」は記事に必要ない、読者のニーズがない、という判断があったことになりますよね。
本当に淋しいのはこういうところ、相撲への敬意が不在のまま、相撲に関する議論が進んでしまう所ですね。

世論の男女同権の流れに、
土俵の女人禁制の伝統(または因習)も、
いつかは消えて行く運命にあるかもしれません。

ただ、
人命が関わった特殊ケースを、土俵女性問題全般にあてはめないでほしい。
土俵の女人禁制の問題を、男女同権問題の道具にしないでほしい。
道具にしているかどうかは、敬意の有無で決まります。
敬意なく相撲を道具にする人を見るとき、いち相撲ファンとして悲しいです。
貴方の意見を変えろとは言いませんが、私の悲しみも知ってほしいです。
その上で貴方の意見を主張するなら、その権利については尊重します。

僕はこの春も相撲を見に行きます。





[PR]
# by toshiokake2 | 2018-04-06 22:52


ちかごろよく 仏教的なことを考えていて
気づきを得て心がしずかになる時も増えています
疲労がたまり混迷を深めている時も増えています

思考を消して
知覚を残すことが
ブッダの仏教の悟りの手法だとしたら

考えてばかりいると 思考に偏重するので
混迷を深めるのは当然のようにも 思えます

マッサージ

マッサージを学んでいて混迷が深まることはない
マッサージは思考よりも体に意識のウェイトがあるからでしょうか
考えるタイプの疲労はない

考える時間より
マッサージを学ぶ時間を増やした方が良さそうですが

こういう性分です
考えるクセがあります

畑に行って土を触ると さわやかな気持ちになる
すごく疲れていても 気付くと疲れが消えていることがある
畑を降りて街に戻ると そのさわやかさは消えて行く

あれはなんなんだろう

あ、また考えてる(苦笑)



[PR]
# by toshiokake2 | 2018-04-05 07:10 | Notes

潮田公園


潮田公園で昼食をとった。
おにぎり二つとシャケ。家から持って来たもの。

まだ11時台だったこともあって、
学童だろうか?小学生ぐらいの子供達たくさんと、大人が少し、遊んでいた。

ゾンビと人間に分かれて、人間が逃げる、
人間はゾンビに触られるとゾンビになるが、ワクチンを打ってもらうと人間に戻れる、
というユニークな遊びで、鬼ごっこやドロケイの亜種のような遊びだった。

見ているとワイワイキャーキャー楽しい。

他力本願のことを考えていた。

他力に委ねられたこの世界、
自分も他力で動いている、
自分も他人も、他力で動かされている、

自分も他人である。
自分も他人も一緒である。

そう思った。

目の前で子供が跳ねていた。

跳ねている子供が僕で、
それを見ている僕が、跳ねている子供だ。

そう見れた。

すこし涙が流れた。


しかして、


メシを食って、
バイクにまたがって、運転していると、
どうもそういう安らかな気持ちになれない。

これはなんだろ、
どうしたもんだろ、

今度はこの胃を自分として、
自分を他人としてみるか、、とすると、少しうまくいった。


・・・


ちかごろ幾度か、
『体験』のころのように、
自分と世界の分別の消えた静寂に身をゆだねてみよう、とすることがあった。

そのころのようにうまく行くわけではないけど、
樹々や風や地面とは、同一化したような感覚をつくることが、少しできた。

人とはむずかしかった。
車ともむずかしかった。

人とできたのは、今日がはじめてだったかもしれない。

親鸞にふれていることが、
関係しているのかもしれない。


南無阿弥陀仏、の意味はいまだに捉えられない。
けれども、

南無阿弥陀仏と唱えていると、
思考は消えて行く。

無意識、
知覚、
思考、

このうちの、
思考、を消して、
知覚、を残すのが、悟りの方法だと書いてあるものがあった。

そうだとすると、

南無阿弥陀仏と、ただ唱えよ、という親鸞の教えは、

単純で阿呆臭いようでありながら、
実は科学的で実践的な手法かもな、

と思ったりもします。



・・・


仏教・思想の解釈については、僕は今はそう捉えている、という程度のものとしてご理解ください。




[PR]
# by toshiokake2 | 2018-04-03 19:42 | Notes

ただの日記


今日あったこと、

うんこ、
潮田公園、
食事、
南無阿弥陀仏、
帰宅、
昼寝、
あっかんべェ一休、
宅急便、
芽、、

・・・

「あっかんべェ一休」(坂口尚・著)というマンガをここ数日読んでいます。これは僕の「悟りのような体験」に似た体験が描写されている数少ないマンガで、十数年前に読んだけど、今回また買って読んでいます。いまあらためて読むと、また発見があって、、

今回は、下記の言葉、

私には
常なるものが
無いようにも

また
常なるものが
有るようにも
思えます……

という言葉を発見しました。
e0297318_17483713.jpg
最初に読んだころは何気なく読み進めてしまったのですが、
これは仏教の基本である「無常」についての言葉で、ここで一休は、

「無常」をまず肯定し、そしてなんと、
「無常」を否定もしている(ようにも見える)、という、

仏教の基本「無常」を根底からゆるがす(ようにも見える)発言なわけで、
仏教を少々かじってみた今読むと、すごいなぁ、、となるわけです。(※1)

目を覚まされたような思いがしました。


そうなんですよね。

仏教を学んだからと言って、それを鵜呑みにしなくてはいけない訳ではないんですよね。仏教は世界の一つの見方であって、世界は仏教以前から存在しているわけですから、、仏教を学び、それを咀嚼して、自らの世界の見方を作って行くことが、、それをブッダも良しとするんじゃないかな、、なんて、かってに思ってしまいました。


さて。

ちかごろはこんなマジメな仏教くさいことばっか考えてるワケなんですけどね。

そんなワタクシ、
けさ水道のお仕事に行きますと、
事務所に入る前に、どうもウンコがしたくなったんですね。

水道のお仕事中にウンコ、となりますと、
これはもう、

現場仕事を中断して、徒歩でバイクのとこまで戻って、ウンコをガマンしながらバイクにまたがり全速力で移動、その途中、「いま事故ったら確実にウンコもらす、悲惨な事故現場になる、それだけは絶対にイヤだーー!」と思いながら、必死でバイクで駆けて、コンビニへ突入、用を足してまた戻って、、

と、
たいへんなタイムロスになるワケですね。

だもんですから、
今朝のように、出勤直前に便意、となりますと、
これはもう、絶対確実に、用を足してから出勤したいワケなんですね。

ですから、
事務所の一階のローソンに入ったんですよね。ローソンのトイレに。

ぷぅ。

オナラは出るけど便は出ない。
うーん。。

15分粘りました。
出ません。

ウンコは出ないのにオナカは痛い。
便秘ですね、便秘。

困ったけど仕方ないので、事務所に出勤しました。
そこで出発前作業などしていると、ほどよく便意が育ちましたので、
事務所のトイレで事無きを得たわけですが、、

・・なんかこう、ウンコしてるときって、すごい生きてるカンジしません?

自分が自分にかえって来てるというか、、
自分のなかにしっかり自分がいるというか、、


一方で、

『悟りのような体験』のあとには、
自分のなかに自我がうすくなり、世界は自分、自分は世界、のような感覚になります。そして、自分は、「自分という人間として」いるのだけど、「世界として」自分と世界をおだやかに見つめているような感覚になります。(※2)

「自分」のなかに、「自分」があんまりいないんですよね。

で、わりとちかごろは、
そういう状態に近づけようとしてるんですけど、

でも、ウンコしてるときは、

強烈に、

「自分」のなかに、「自分」がいるかんじ、しますね。

とくに便秘のときは。


むかしの、
悟りを得た人は、
ウンコのときも涅槃にいたのかな〜、
どうなのかな〜、

なんて思っちゃいました。



長くなったので、いったん終わりますね。



・・・



注釈
(※1)仏教についてまだカジった程度なので、、解釈が間違っていたらすいません。
(※2)語弊有ると思いますが、、簡単に書かせていただきました。あと「悟り」問題はデリケートなので、、ご気分害する方いらしたらスイマセン。


・・・


追記
読み返してみると、、
一休(著者・坂口尚)は無常を否定しているのではなく、輪廻(現象の継起)のことを「常なるものが有るようにも思えます」と表現しているのかな、、?



[PR]
# by toshiokake2 | 2018-04-03 18:42 | Notes


坂口尚の「あっかんべェ一休」をまた買って読み返していたら、「この世は悪い奴の方がのさばって なぜ いい人が不幸せなんです?」という台詞があって、ふと気になった。いわゆるティピカルな台詞で、正直僕はあんまり好きじゃない。のさばる(栄える)人にも、悪い奴も良い奴もいるし、たまたま悪い奴がのさばっているのが目に付くだけだと思う。また、その裏面には妬みがあり、そうした人が富を得ても、同じように悪い奴になるのではないかと思う。まして、一休の時代ならまだしも、この現代の日本でそうした台詞が吐かれるのは、昔のキメ台詞を持ち出して架空世界に浸りたいだけの、時代錯誤な正義観だと思う。付け加えて言うなら、悪い奴が栄えるのではなくて、栄える(権力を持つ)と、人は悪い奴になってしまいやすいのだ。憎むべきは「人」ではなくその「構造」である。

とは言え、

学生のころ、
大学の近くのお好み焼き屋に行ったら、同じクラスの友人がバイトしていた。けっこう気のいい奴で、沖縄出身で、そんなに交流があったわけでもないが、僕は彼のことが好きだった。その彼と、何の拍子か、貧富の話になって、
彼は、「どうして悪い奴が儲けてしまうんだろう。富や財産の(この世界にある)量は決まってるから、悪い奴が取るとその分、良い人が奪われる。そうならないようにしたい。」と言っていた。
お店でのすれ違い様の会話で、なんでそんな話になったか覚えてないが、、
いかにも沖縄出身の、色黒で眉毛の濃い、背の低くてズングリとした彼は、ワナワナと震えてそう言っていた。

僕は富める者だろうか、貧しい者だろうか。

僕の家系はお金持ちの家系だ。
いわゆる大富豪ではないけど、それなりにお金のある家の出身だ。
だけれど片方の家は今や地元に縁故も薄くなり、多くは都会に出てそれなりの暮らしをしている。貧乏ではないが、お金持ちというのは言いすぎな気がする。
そして僕は、十分にお金をかけた教育を受けさせてもらいながら、今はそういったこととは全く関係ない、ふつうの仕事をしている。アルバイトだ。僕の現状だけ取ると、どちらかというと貧者である。

自分は貧者なのか、富める者なのか、
そんなことを考えても仕方がない、大切なのはそこじゃないんだよ、と言う、
したり顔の誰かが見える。

沖縄出身の彼の言葉が正しいとは、今でも思ってない。
だけれども、あのときの彼の、普段優しい彼のあの表情が、今でも思い出せる。

・・・

さて、子供にでも会ってきますか。




[PR]
# by toshiokake2 | 2018-04-02 20:26

仕事が


仕事が2時台に終わったので、帰ってカレーをあっためて食いながら、ビールを飲みながらお坊さんへのメールを打つ、という罰当たりな行為を終え、4/16(月)に休みを取ったので靖国奉納相撲へ行けるのだけど平日なため連れが見つかりづらい、という状況と戦っています。そういえばフロとったんだった、もう冷めちゃったかな。



[PR]
# by toshiokake2 | 2018-04-02 17:04