日記GW終り


ちかごろ観た映画

レディプレイヤー1・4DX(イオンシネマみなとみらい)
良。アトラクション。

レディプレイヤー1・IMAX3D(ブルク13)
悪。映画的な深みは無いので動かない席で見ても仕方ない。ブルク13のIMAX環境も後部座席だと音響が悪く臨場感が低い。

地球に落ちて来た男(DVD)
やや良。デヴィッド・ボウイを見る映画。終盤少し飽きる。

20th Century Women(DVD)
やや良。映像、登場人物ともに美しい。内面描写があと一歩もの足りない。

デッドプール(DVD)
良。くだらない。アクション映像が素晴らしい。下品。

スーサイドスクワッド(DVD)
悪。レディプレイヤー1でオマージュされてたので見たが全然ダメ。ハーレクインだけ良いキャラ。ウィルスミス出過ぎ。

アベンジャーズ(DVD)
並。シリーズ第1作。いま新作4DXやってるので、観に行くかの参考にするため観賞。主役のオッサン俳優があまり好きになれない。シナリオや台詞はスーサイド〜よりはるかにマシ。

アメコミ系の映画は敬遠してたのですが、レディ〜を観てから、スカッとするアメコミ映画見たい、と思っていくつか見ています。おなじアメコミと言っても、作品によって全然、セリフやシナリオのレベルが違うんだなー、と思いました。


今日は娘と畑へ、ナス、パプリカ、トマトの苗を植えました。




[PR]
# by toshiokake2 | 2018-05-06 22:32

日記月祝


今日は朝から娘と元妻と東神奈川のスケートリンクに行った。
そこそこ滑って眠くなったので一人だけベンチで休んでたら寒くなってお腹が冷えて下痢をした。外へ暖を取りに行った。スケートリンクのすぐ隣りは公園で、春の日差し、樹々の緑、遊ぶ子供達の声、ピンク色の俺の上着、ここは有名なハッテン場、という最高の環境でタバコを一服した。
公園を散歩していたら脇にいかにもサイケな店があった。トリップカフェ・フィルモア、と書いてある。このトリップって旅のことじゃないですよね? もちろん入った。コーヒーを一杯飲んで出た。また来ようと思った。店内にはキノコの置物など多数。

スケートから帰って娘はお昼寝、僕と元妻はDVDで20thCenturyWomenという映画を観た。まえに予告編が気になっていて、でも結局映画館には行かなかったやつ。やっぱり良かった。劇中にデヴィッド・ボウイの映画、地球に落ちて来た男、の話が出て来て、ちょうど昨日見た映画だった。そう言えば昨夜も試聴室でデヴィッド・ボウイの話すこし出た。

映画の途中で娘が起きて、強制的にドラえもんに変わった。




[PR]
# by toshiokake2 | 2018-04-30 22:26

徒然


水道ってやつはもう僕らはあるのが当り前だと思ってて気軽にモンク言ったりするけど、水道気に入らないんなら自分で水くんでくりゃいいわけです。
そーゆーことも忘れて無邪気にモンク言えちゃうってことは、それだけ当り前のものとして認識してるってことで、水道のお客さんでたまにそういう人に遭遇すると、ちょっとムカついて、それから、いい国なんだなー、水道はいい仕事してるんだなー、と思います。(当り前にあるもの、と思われるのが、水道事業の一つのゴールだろうから)

と、いうのを、天気予報がはずれてムカついたとき、思い出すようにしています。


今日は試聴室で、わびさび倶楽部と、サラダマイカル富岡製糸場を、見ました。

サラ富、もう結成してだいぶたつのに、
結成して間もないような、フレッシュな真剣さと危うさがあって良かったです。


おとといの夜にベランダに出てたら、ゴー、という飛行機の音がして、見えなかったけど、あ、飛行機だ、と思いました。
でももしも、その、ゴー、という音、はじめて聞いたんだったら、なんだろう?と探して、見つかんなくって、でもまだ探して、、ってしたと思います。

ふつうは、
過去の情報と、いま体験している情報を、
照合して、
あ、飛行機だ、って判断する。

でも、

ほんとは、ゴー、は、UFOだったかもしれない。






[PR]
# by toshiokake2 | 2018-04-30 00:07

テスト

おsdfじゃおいgfjはうdbgはえbふぃあおjgりあえhrgり;あけりwryhp9jzxvkらんsdjkがりfhしうgんvsモjrgりzdhgkjんbdkl;jzdglkjgklんslfkdhんzmあlksdがりgはいえjrがおjrごぱjfgんbkらんfbkらんdhkらんklrはお;rjがいldんがいljfdごあjdfg;おあjfglかfdglかんmdflkgなlkdfgなlkdfんglk;あd
無作為

sdfgfjdbgbjghrgwryhpjzxvksdjkfhgvsjrgzdhgkjbdkljzdglkjgklslfkdhzmlksdgjrjrjfgbkfbkdhkklrrjldljfdjdfgjfglfdglmdflkglkdfglkdfglkd
無作為からの作為抽出

sd-f-g-f-j-d-b-g-b-j-gh----rgw-r-y-h-p-j-z--x-v-k-s-dj-k-fh-g-vs---j-r--g-z--d-h-gk-jb-d-kl-j-z-dg-l-k-jg-k-l-sl-f-k-d-h-z-mlk-s-dg-j-r-j-r-j-f-gb-k-fb-k-d-hk-k-l-r---r-j-l-dl-j-f----d-j-d-fg-j-fg-l-f-dg-l-m-d-fl-k-g--lk-df-g-l-kdf-gl-k-----d------
無作為からの作為抽出への無作為追加

んー なんもうまれねえ



[PR]
# by toshiokake2 | 2018-04-28 22:38

作為性の階層


中田さんのノイズミュージックしか聞けないと書いたが、
やぎたこさんのフォークミュージックは聞ける、

不規則な電子音を発生させる無作為と、
そこから継続させる音を選ぶ作為、
そうした全体の行動を取る作為、
無作為性と心地よさの両立、

音楽、
明らかに決まった、決められた旋律、
しかしまるで無作為のように響く声と音、

ナムアミダブツと唱える心とアタマ、
しかし同時に数字を見ることも出来る、

作為や意思には階層があるんじゃないだろうか?
あるいは種類と言うべきか、、

それが人の手によるものである以上、
完全なる無作為とは有り得ない。
完全な無作為が欲しければ人のものでなく自然でも眺めていれば良い。

それでも人のものを見て聞いて、
そのなかに無作為を発見して喜ぶ、

その作為とか無作為ってなんなんだ?

バッハのコーヒーもそう、

有るものを生かして、自我は殺す、ということか???



[PR]
# by toshiokake2 | 2018-04-28 22:23

日記ちかごろの


Kayu Nakada さんの A circuit not turning について長いブログを書いていましたが、長過ぎる上にまとまらないのでやめました。ふつうに日記書きます。

上記のアルバムを時々聞いています。というかもう今はこれ以外きけない。ほかは作為性が高すぎる。聞いてると仏教的思考とか自分からいろいろ出てくる(仏教のアルバムでは有りません)のが楽しい。まあなんかそういう時期みたい。

とはいえ、そゆことばっかり考えてると、コメカミからケムリ出るので、たまにはスゲー馬鹿なものが見たくなる。ので、昨日はレディー・プレイヤーワンを観に行きました。4DX。サイコー。すげー。泣いた。アトラクション。

そんで今日もデッドプール見てた。DVD。おもしれー。くだらねー映画サイコー。

南無阿弥陀仏、って心の中で唱えながら、
水道メーターの検針してると、

・心の中で南無阿弥陀仏と唱えること
・水道メーターを見て数字を把握し入出力すること

この2つが同時並行でできるんだよね。フシギー。
回路がちがうんだろな、なんか。

今日も、マッサージのバイト行って、

・ナムアミダブツ
・押してる自分の手を直視しながら施術進行

これ同時にできたんだよね。
使ってる脳の部分が違うんだよ、たぶん。

両方に意識が有るというか、、

左手と右手を同時に動かすのに似てるかなー。

あ、それファミコンじゃん。


おわり。




[PR]
# by toshiokake2 | 2018-04-28 21:16

仮説 フォント ドット


仮説 フォントとドット そして世界認識について


<導入>

わたしが見ているこの文字と、
あなたが見ているこの文字は、
モニター、あるいは液晶上の、ドットで構成されています。

画面をスクロールさせると、
画面上を文字がすべるように見えますが、

実際には、
それぞれのドットが色を変えて、
「文字がすべっている」という「錯覚」を見せています。
(アニメーションがコマ送りを連続に見せるのと似ていますね)


<本文>

この文字。
この文字をつくっているドット。

ドット、それ自体には意味はありません。
ドットが文字の形をつくり、そのドットの並びを見て、わたしとあなたが文字だと認識しています。

ドットが光ります。
ドットの光が目に入り、目はその情報を脳に送ります。

(この時点では、ドットに「意味」はありません)
(脳は「ドット」を「文字」と認識していません)

脳は、目からの情報を、脳の過去の情報と照合する。
照合の結果、それが脳の知っている「文字」だと判定する。
脳はその「文字」を、また脳に送り、それを読む。
ここで「意味」が発生する。
(QRコードをURLに変換するのと似ていますね)

つまり、

文字は、
この画面上に映っているものは(映っている段階では)無意味なのです。
この目の前の文字に、意味を与えているのは、自分なのです。

この文章を見て、
あなたはわたしが書いたと錯覚しますが、
現実には、
無意味なドットの配列を、あなたが受け取り、あなたの脳がそれを文字として構成し、あなたの脳がそれを受け取り、読んでいます。

あなたが書いて、あなたが読んでいる。

突飛に聞こえるかもしれませんが、
一面の物理的事実です。


<派生>

上記のフォント・ドットについての考察は、
そのまま現実世界で見聞きすることにも当てはまります。


<余談1>

Kayu Nakada さんの A circuit not turning というアルバムを聞いていたら、こういうことを考えていました。

e0297318_10442765.jpg

<余談2>

先日、友人からこう言われました。
「へそくんは、線を引く人間なのに、線をまたいでしまった人だね」

僕はかつて科学信奉者で、いまも科学的思考にウェイトがあります。
超常現象などは信じないタイプでしたが、あるときふいに不思議な体験をして、そこから世界観や人生観がだいぶ変わりました。友人の言葉は、僕のそういう部分をさしてのことかと思います。

上の文章は、
科学的であり、仏教的です。
アインシュタインをはじめ、多くの科学者が、「科学と最も相性の良い宗教は仏教」と言っていたそうですね。


<連絡先>

yokohamahesoma@gmail.com

いまだ不明なことの多い未熟者です。上記文章に誤りなどありましたらご指摘いただけると嬉しいです。またアドバイス、ご感想なども歓迎しております。


へそ



[PR]
# by toshiokake2 | 2018-04-26 11:11 | Notes

土曜日と日曜日


土曜日。

テーラワーダ仏教の幡ヶ谷での初心者瞑想会に行きました。
スマナサーラ長老、というスリランカ人のお爺さんが日本語で話していました。
日本人のお坊さんのイメージとは違い、
時々、「〜〜ジャナーイデショウ!!??」とか叫ぶときがあって、
声は怒ってるみたいにも聞こえるし、うわっ、て思いましたが、
顔を見ると笑ってるし、
なにかいい雰囲気でてるし、いやな感じの少ない不思議なものでした。

午前中はその長老の話を聞いて、午後は瞑想の実践でした。
と言っても、長老の話がまた1時間半くらい続いて、
正直、
オレは瞑想の実践がしたくて来てるんだけど、、
その話オレ知ってるし聞かなくていいんだけど、、
とも思ったし、
でも不思議と、
長老の醸し出す雰囲気がよくて、そこに居られました。

で、やっと瞑想の実践に入って、
いくつか、
たとえば、
あぐらのように座って、右手をゆっくり上げる、ゆっくり上げる、止める、
下ろす、下ろす、下ろす、、元と同じ場所にもどす。
というのをやりました。
そのあいだ、手の感覚が変わっていくことを感じるのが大事、
思考はいらない、
心の中で自分のやってること、上げる、上げる、、をずっと唱える、動詞で唱える、
というのでした。

おそらく、

感覚の変化を感じるのは、自分という不変主体は無く、無常であることを知るため、
行動を唱えるのは思考を消すため、
思考を消すのは、思考を消して感覚に集中するのが悟りの手法だから、

と、思われます。

「自己観察」という言葉をしきりに使っていました。

「悟り」という言葉は使っていませんでした。

「安穏」がこの瞑想により訪れる、という旨のことを言っていた気がします。

たしかに「安穏」としました。

長老曰く、
その日の瞑想を繰り返せば、2〜3週間で解脱するそうです。
(解脱、って言うとあやしいですけど)

長老、

瞑想のこと以外、社会についてとか、では、
あれ、ちょっと間違ってるかも、とか、
あれ、また同じ話してない?とかあったのですけど、

瞑想のことになると、シャキっとして、
明確に決定している手法を、迷いなく簡潔に説明してるな、という印象でした。

瞑想って、スポーツみたいだなと思いました。

目的とする状態が決まっていて、
そのための手法も決まっていて、
それに要する期間も大まかに分かっていて、、

スポーツで、
「試合に勝つために、この技能が必要で、そのためにこのトレーニングを何日間やります」

ていうのといっしょですよね。

意外とこんなに明白なものなんだなと思いました。


なんですけど、、、


16時の休憩の時点で、
なんかもう居らんないな、帰ろ、

と、帰っちゃいました。

あんまり一日に沢山これ以上インプットいらないよー、という感じ。

あとまあ、
また休憩あけに長い話きかされたらたまらん、とか、
古株っぽい人が頼んでもいないのに瞑想中にこちらの姿勢を矯正する、とか、
参加者にたまに変な人も居て途中からずっとブツブツ独りごと言いだした、とか、

あげつらおうと思えば、
いくらか嫌な点もありました。

まあでも、もう一回ぐらい行ってみるかな、と思ってます。


ほかにも書きたいことあったのですけど、
長くなったので終わります。

日曜日までたどりつかなかったや。


おわり。




[PR]
# by toshiokake2 | 2018-04-24 17:46

堤防に


堤防に登って川辺を歩く

コンクリートの川辺 色気はないけど空は広い

夕焼け

青い夕焼け

いつもここを歩いていたころを思い出す

いつのまにか歩かなくなってしまった

いつもここを歩いていたときは
どうしてみんなこういうことしないんだろうと思ってたけど
いつのまにか歩かなくなってしまった

鳥の声

いつもあのころはここを歩きながら 歌なんかつくってた
いつのまにかそういう気持ちはなくなって もう戻らないのかなと思ってたけど


SF漫画を読めなくなっていたあのころ
大好きだったSF漫画を読まなくなっていたあのころ

忘れてなんかいない
忘れるわけがない

あのころ弾き語りのミュージシャンも多くて
やっぱりそれは時代にあっていたのか
みんなそういうことをしたい時期だったんだろう

だんだんみんな 電子音とか そういう風に戻って行く人もいる
あたらしい弾き語りのミュージシャンも あのころみたいには出て来ない

僕もまたSF漫画が読めるようになっている

みんな忘れていく

みんな何かあって そうだって思って
だんだん時間がたって だんだん忘れて だんだんふつうに戻って行く

そうやって

いままでもこれからも 僕たちは生きて来たんだろうか


なんか涙がたまった


忘れるわけがないよ
忘れるわけがない


夕焼けが青い




[PR]
# by toshiokake2 | 2018-04-20 19:01 | feel

天罰


なんか最近、
相撲楽しかったなー、と思えば翌日ケータイ割ったり、
畑行って喫茶店も行って良かったー、と思えば原チャリ駐禁きられてたり、
正負の法則みたいな日々だよ。

天罰か?とか思う。
心あたりはある。




[PR]
# by toshiokake2 | 2018-04-19 23:20