<   2018年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

日本×ポーランド


ワールドカップの日本×ポーランド戦を見てて、
終盤の戦い方がアレだったので、
戦い方別の、突破確率を、試算してみました。

・・・

状況
後半残り15分
コロンビア×セネガル 1-0
日本×ポーランド 0-1

日本グループリーグ突破条件
(1)セネガル 追加得点なし
(2)日本 追加失点なし
この両方を満たすこと
または、
(3)日本 追加得点あり
これを満たすこと
(ほか諸条件は無視)

(1)セネガル 追加得点なし 確率S%
(2)日本 追加失点なし 確率N%
(3)日本 追加得点あり 確率P%
とすると

日本突破確率= (1-P%)×S%×N% + P%

日本が守りに入った場合
S=80%(推定)
N=90%(推定)
P=0%(推定)
日本突破確率=72%

日本が得点を狙った場合
S=80%(推定)
N=75%(推定)
P=20%(推定)
日本突破確率=68%

72% 対 68%
日本は守りに入った方が 突破確率が高い

・・・

推定値からの、おおざっぱな試算ですが、
西野監督の判断は、突破確率的には、正しかった、ということになりました。

突破確率的には。



[PR]
by toshiokake2 | 2018-06-29 11:49

日記 雑記 ワールドカップなど

ワールドカップのスイス×セルビア録画(予選リーグ第二試合)を見ながらブログを書いている。とくに両チームとも思い入れがないので平静に見られる。

今朝は起きてすぐに昨夜のドイツ×スウェーデンの録画を見ていた。
どちらも一試合目があまり良くなかった。

一試合目、
ドイツはチームワークがズタボロで、
とくに僕の好きなエジルが自己主張しまくるくせにミスを頻発、
失点シーンではあまりにやる気のないディフェンスだった。
スウェーデンは一戦目・韓国戦の様子があまり好きになれなかった。

どちらも二試合目にあたる今回は、
ドイツがメンバーを大幅に(5人も)入れ替えて来たのもあり、
一試合目よりは期待が出来た。
エジルが外されていたが、仕方ない。レーヴ監督のよい判断。
見所のある試合になった。


ここ数年間、サッカーを見ていなかったので、
今回のワールドカップは、好きな選手を見つける大会にしようと思っている。
いまのところ、

好きかも
・ベシーノ(ウルグアイ代表 インテル/イタリア)
・ロイス(ドイツ代表 ドルトムント/ドイツ)

次点
・ロマントーレス(パナマ代表 シアトルサンダース/USA)
・大迫(日本代表 ブレーメン/ドイツ)
・柴崎(日本代表 ヘタフェ/スペイン)

である。

チームでは、
アフリカのチームが好きだったのだが、
ちかごろのアフリカのチームは、いまいちアフリカ感のあるプレーをしてくれない。
セネガルに少し期待している。

ドイツのエジルがコンディション悪い件、
彼がトルコ系ドイツ人で、それで開幕前にちょっと問題があったと聞いた。
人種問題でサッカーに影響される気分はどんなものだろう、と、
彼の心中を想像して、涙ぐんだ。
プレーも明らかに精神的安定を欠いていた。
たいして知らないくせに涙ぐむ自分を見て、こういう短絡的な気持ちは怖いな、とも思った。


セルビア×スイスが終わった。
雨も上がったので、映画のチケットを買いに。
今日は娘と元妻とピーターラビットを。



[PR]
by toshiokake2 | 2018-06-24 10:10

ちかごろ見た映画


MILK
ゲイ問題の映画ということでしばらく敬遠していたが(※1)、アベンジャーズのジョシュ・ブローリン出てたので、見てみた。思ったより良かった。ショーン・ペンが良い。監督誰だ?と思ったら、ガス・ヴァン・サントさん。この人のエレファントという映画おぼえてる。

いのちの食べ方
森達也の本も読んでたのでずっと気になってた。本と映画は、テーマはいっしょだけど、ちがうものだった。原題も違うし、もともと関係ナイのかな。映画は、ずっと言葉ナシの映像ドキュメンタリー。いいかわるいかわかんないけど、なんか思い出される。

真珠の耳飾りの少女
スカーレットヨハンソンが可愛い。可愛くエロい。エロいことほぼしてないのにエロい。映像もきれい。すごい映画。ただ、シナリオなどいまひとつで、それでなにか届かなかった。

アメリカン・ハッスル
こんな映画あるの知らなかったけどかなりの豪華キャスト。アホくさくておもしろかった。主人公がデブオヤジでかなり共感したが、だれかと思ったらクリスチャンベイルだった。

インサイド・ルーウィン・デイビス
とくによくなかった。ボブ・ディランの時代のあんまり有名じゃない歌い手の話、ということで惹かれたが、なにかいまひとつだった。人生がショボくて共感した。最後の演奏はすこしよかった。

her/世界で一つの彼女
これはすばらしい。すごくいい映画。
タイトル(日本語副題)がアホくさいのと、宣伝ポスターがなんかアホなラブドラマみたいだったので、ずっと見なかったが、あるとき予告編を見て、見てみることにした。スカーレットヨハンソンが声だけで女優賞を取った、というのにも惹かれた。
主人公は離婚したての孤独男、新しい彼女はコンピュータのOS、という、ベタな題材をサイコーにうまく調理。ドラマとして、SFとして、すぐれてる。
監督だれ?と思ったら、マルコヴィッチの穴、の人だった。
e0297318_18200983.jpg

注釈
(※1)ゲイ問題の映画ということでしばらく敬遠していたが
ゲイが嫌いだから敬遠してた、というワケではありません。
ゲイ問題は若いころ触れてたので、自分なりの結論でてしまってる、ということ。

余談
ワールドカップのスペイン×ポルトガルすごすぎた。
すごすぎてつぎの試合しばらく見れなかった。
クリスティアーノロナウドの眼こわい。



[PR]
by toshiokake2 | 2018-06-16 18:32


あぶぶぶぶぶぶー つかれた あそびすぎ

東京庵の蕎麦はウマい



[PR]
by toshiokake2 | 2018-06-10 02:52

いろいろ

「知性は死なない」を読んだ。
いいとこ・わるいとこある本。とにかく脳をドライヴさせる力がつよい。よそで色々書いてたら疲れた。

そう言えば、映画、
「MILK」
「いのちの食べ方」
「真珠の耳飾りの少女」
見た。
レビュー書く元気はのこってない。

ちょっと休みます。


[PR]
by toshiokake2 | 2018-06-07 23:21

随想日記


夜明けとともに起床。

と言うと禅宗の坊さんみたいですが、
その実状は、夜中にペプシ飲みすぎたせいでおなか痛くなって下痢になって起床。
滝のようでした。

さて、こういう時はアタマがクルクル回ります。

悟りのような体験時には、世界との一体感のようなものを感じます。
これは、人体の構成要素が、生前にも死後にも世界に存在している、という物理的事実と整合します。

が、

よく考えてみたら、

いくら人体の構成要素が生前も存在してたとは言え、

ものすごーーーく遠くの宇宙の物体とは干渉せずに存在してきた可能性が高いのだから、
「宇宙(世界)と一体感がある」というのは、ちょっとムリがあるんじゃないかな?という気もしてきました。

これは仏教批判ではなくて、
むしろ仏教はそうした部分にも冷徹に判断を下して分析するもの(と思っている)ので、
自分のかってな固定観念とはまたべつの認識・視点が、仏教内に存在するのかなあ・・と思ったりもしました。

まあでも、
ビッグバンが事実なら、その瞬間は、現宇宙のすべてと干渉していたことになるなあ。。
ビッグバンって事実なのかなあ。。

あ、でも、
「父母未生以前 本来の面目」のとき、和尚が、
「宇宙が出来る前、あなたはどこにいましたか?」とも言ってたから、
ビッグバンの有無は議題にしなくてもいいのかなあ。

などと、考えていました。

・・・

転話。

「知性は死なない」(輿那覇潤・著)という本を、買って読んでます。

こちらの記事がきっかけです。

この記事を読んで、
僕と問題意識がおなじ人だな、
その解決策(の提案)ものってるのかな、と思って買ったんですが、
いまのところ、半分くらい読んで、その面では期待をはずしてしまったかもしれません。

一方で、

興味深いと思ったことは、

うつになったとき、
「意欲が減退」すると、一般には思われているが、事実は、
「能力が減退」して、それが「意欲減退」につながる、
という記述です。

そして、その、
「能力の減退」の一つに、「言葉の能力の減退」があって、
著者の場合は、

自分が過去に書いたものも読めないほど、「言葉の能力が減退」したのだそうです。

そしてまた、

そう状態のときは、

言葉の能力が著しく向上し、
論文等を作成する際も、
求める文章が、参考文献のどこに書いてあるか分かるので、

メモを取る必要もなかった、

とのことでした。

この、

「言葉」と「そううつ」の関係はとても面白いな、と思って、

そう言えば、

坂口恭平さんも、そううつ、で、そうの時に文章をすごく書きますね。

そして、

坂口さんの文章と、
輿那覇さんの文章の、似ているところは、

・とても読みやすい、どんどん読めてしまう、
・論理的にもスジが通っている(ように感じる)、
・読みながら、自分だったらどうかな、これを受けて自分は何をしようかな、とか、自分の身に置き換えて考える、発想が連鎖してでてくる、

というとこです。

そして僕も、

文章をたくさん書いたりする時期は、
朝早くに目覚めることが多かったり、睡眠時間が短くても平気な日が2〜3日続いたりします。



[PR]
by toshiokake2 | 2018-06-06 05:23

自分用備忘録 雇用保険


2016年
11月
入社

2017年
2月〜4月ごろ
契約更新。所長から希望ヒアリングあったので「雇用保険が有るといいな〜」と伝える。(この時点ではあまり本気でなかったので加入要件等しらべてない。また、当時の労働時間で加入要件を満たしていたかは不明。)

5月〜9月ごろから
希望して業務量を増やしたので、このころから雇用保険加入要件を満たしていたと思われる(わかってなかった)

2018年
4月〜5月
雇用保険加入要件について調査。
ハローワークHさんより、加入要件を満たしているとのこと。

6/4
所属営業所長に、雇用保険に入りたい旨、ハローワーク見解として加入要件を満たしている旨、伝える。
所長からは、本社に問い合わせる、との回答。

6/5
所長から経過報告。
本社総務部で検討中とのこと。
場合によっては、今後の僕の労働時間が、加入要件未満に変更される可能性の示唆。
(その場合は会社は、「雇用保険に加入させる義務を怠っていた上、指摘した労働者の労働時間を不当に削減した」ことになるので、まあこのカードは切って来ないと思われる。切って来たら裁判で勝てそうだし。)
僕が雇用保険加入することになったら、アルバイト検針員としては会社で「初」とのこと。

6/中旬
本社から所長経由で打診。
雇用保険をさかのぼっって加入するか・いつから加入するか、とのこと。
検討して2日以内に返答すると伝える。

6/中旬〜下旬
上の件の続き。
所長指示で、本社総務部S氏に電話。
雇用保険に、さかのぼって昨年12月から加入したい旨、同時期に加入要件を満たしていたと推測される旨、伝える。横浜ハローワークH氏の連絡先を伝え、連絡取るよう依頼する。
また、僕が上記を詳しく記述したメモを、所長が総務S氏にFAXするとのこと。

6/中旬〜下旬
本社から所長経由で打診。
福利厚生が欲しいなら、契約社員にならないかとのこと。
契約社員なら、時給換算で2300円/時が最低条件と伝える。
それ以前に、現状での雇用保険加入を進めてほしいと伝える。
その後、契約社員提案についての返答・報告なし。

6/下旬
所長に「雇用保険の件、進んでますよね?」と打診。
所長「進んでいるとは思うが、本社に確認してみる」とのこと。

7/2
本社から所長経由で打診。
雇用保険、半年前加入だと手続きが煩雑なので、5か月前加入にしてくれないかとのこと。
断る。

7/4
所長から報告。
総務S氏と会って話し、半年前加入で進めることになったそう。
6月分給与(7月振込)から雇用保険料を差引くとのこと。

7/12
6月分給与明細を受け取る。
「雇用保険 4418円」が控除に記載有。やっと終わった〜。


・・・

(雑記 6/5)

こういうのを理詰めで一つずつ積み上げて進めて行くのは楽しい(めんどくさいけど)。
将棋みたい。

自分の行動の結果として、
ほかのアルバイトも雇用保険に入れることになったり、
それで会社の人材確保がプラスに向かって、会社にとっても良かったり、
そういうふうになるのがベストのゴールかな。

ブラックなゴールは、裁判になってファイヤーして伝説。
そっちはそっちで面白そうですが。

この備忘録は、
ファイヤーしたときに使うための記録です。進行が有れば追記します。
基本は自分用なので、その点はご了承ください。

(雑記 7/3)

だいじょぶかな〜
進んでんのかな〜
総務S氏がちょっとアレみたいでめんどくさい、ストレスだよ〜

ちゃんとやってくれた方が、会社にもS氏にもいいんだけどな〜
わかってんのかな〜



[PR]
by toshiokake2 | 2018-06-05 17:51

今日も

今日も色々あったが、
最終的に今は家で「真珠の耳飾りの少女」の映画を見てる。
スカーレット・ヨハンソンはなんでこんなにも美しい。
完璧だ。
完璧さがないのが完璧以上に美しい。
エロいことは何一つしていないのに何でこんなにもエロい。
すごい映画だな。よくこんなの作ろうと思った。そして出来た。

彼女のキャリアハイだろう。
そしてまた老いてからこれ以上か、この水準のものを作るだろう。
アベンジャーズは若いうちだから出来る遊びか。

すげえなほんと、この映画。

まだ15分しか見てないけど。


て思ってたら、カウンター見たら30分たってた。





[PR]
by toshiokake2 | 2018-06-05 00:51

夜日記

「かぐや姫の物語」の「わらべ唄」をギター弾いてみて(娘が歌ってたので、娘にモテたい一心で)、K寺の住職からもらった般若心経の現代語訳を読んで、唱えて、「仏」と「私」の漢字の成立ちをしらべて(あまり関係なかった)、ビルエヴァンスのワルツフォーデビーを聴きながら、ベランダで煙草吸って、寝ます。そういやベランダのアブラムシ、プランターからキャベツを引っこ抜いたら、一日はプランターのフチをウロチョロしてたのに、いなくなったな。どこ行ったんだろ。
e0297318_23005681.jpg


[PR]
by toshiokake2 | 2018-06-02 23:02

へそ日記


きのうデッドプール2を見に行った。(2D字幕)
あんまり良くなかった。(まあふつう)

帰ってしらべたら、1と監督が代わっていた。
2には、1にあったような独特の小気味よさ、ファンへのサービスセンス、アクションシーンのセンス、などいろいろ欠けていた。

1の監督は50歳で初めて映画監督をやったそう。
ずっと映画作りに関わってきた人みたいだ。

そう言われてみると、たしかに、
ほんとに映画好きのオタクが作ったような、映画ファンのことが好きそうな、映画だった。

2の監督も、まあ急にいきなりやれ、と言われてやりづらかっただろうから、あんまり責められない。

予告で、ヴェノムが流れていた。
こちらはおもしろそうだった。



[PR]
by toshiokake2 | 2018-06-02 10:43