きょう


今日も会社のケータイを叩き割ってやりました。
というか普通に過失で割ってしまいました。

昨年12月に続き二回目です。
すげー怒られるかなー、と思ったけど、所長が冷静であんまり怒られませんでした。「こちらとしても、なんで壊してしまったか、と言うよりは、壊してしまうような物を持たせてしまった、という意識でいるようにしています」と言っていました。頭が良くて助かります。

とは言え二回目です。軽くたしなめられました。

なんでも、
横浜など3か所ある、うちの会社のスマホ導入営業所で、まだ破損したケースは僕一人なのだそうです。我ながら謎です。自分で言うのもなんですが、そこそこ仕事は出来る方なので、この結果には憤慨意外なのです。

思えば自分の私用携帯もこの3月に割っているし、これはもう何か不思議な力が働いているとしか思えません。深層意識のスマホへの憎しみが無意識のうちに表面化しているのでしょうか。

・・・

おとといは相撲を見に行きました。
靖国奉納相撲です。タダなのです。野外で景色もいいのです。

朝の十時から飲み始めて、昼の三時に相撲が終わっても赤羽に移動して飲み続け、夜中の十一時まで飲んでいました。完全にクルクルパーになっていました。

翌朝に携帯を見たら、都内に在住の友達へ、
「としおかです。元気ですか。終電なくしました。」
というメールが打ってありました。

おぼろげな記憶を辿ると、
帰路、渋谷かどこかの電車のホームで悶絶しながら、終電がないことに気づき、泊めてもらおう、と思って付近の友達にメールを打とうとして、途中でなんかわからないけど電車が来たのでとりあえず乗ってしまえ、と乗って、メールもまあ途中だしもう関係ないけど、もったいないから送るだけ送っとくか、と送った気がします。完全にクルクルパーです。

飲んでいる最中も、
トイレから帰ったら連れの友人が寝ている、
でもこっちも酔いすぎてるから、それが自分の友人か、知らない人か、自信がない、
起こしてみても顔がゲシュタルト崩壊して識別できない、
「お前だれ?お前だれ?」と連呼してたずねる、
向こうも向こうで泥酔してるからハードコアに噛み付いたりしてくる、

という阿鼻叫喚地獄を繰り返していた気がします。

その店には15分ぐらいしか居た記憶がないのですが、
店員さんに「もう帰って」と言われた事から推測すると、もっとたくさん居たんだろうと思います。記憶はトータルで3時間分くらい無いです。

飲み終わって赤羽駅に着いたとき、
終電を調べると無くなってて(たぶんクルクルパーなので何か間違ったんでしょう)、「赤羽で 終電なくした まじファック」とSNSで一句詠んだら、友人が二人「まだあると思いますよ」「まだありますよ」とレスを付けてくれて、あれ、こんな優しい人たちいるんだな、と思いました。

まあ結局なんでか、菊名までしか帰れてないんですけど。

赤羽から日吉あたりまでどうやって帰ったのか、全然おぼえてないです。

・・・

クラシック

ちかごろ仏教とか考えてること多いせいか、
400年前とかだと「最近だなー」と思ったりするようになりました。
バッハとか、いわゆるクラシックとして僕が認識しているものも、
歴史はせいぜい400年かー、と思うと、意外と最近なんだなー、と思います。

でもバッハの時代にはまだレコードはなかった、
あの時代のナマの演奏ってどんなだったんだろう。
聞いてみたかったなー、と思ったりしました。




[PR]
by toshiokake2 | 2018-04-18 23:09
<< 天罰 きのうに引きつづき >>