日記9月某日


朝起きて病院へ。
先月からの風邪がぶり返しリンパ腺の腫れが尋常ではないので、今回は病院に行くことにした。薬をもらって帰る。採血の結果は数日後だそう。

帰宅して読書。
城山三郎「そうか、もう君はいないのか」と、
塩野七生「ローマから日本が見える」を読了。
寝たり起きたりしながら過ごす。

夕方に娘が帰って来たということで元の家庭へお邪魔。
夕食あまえさせていただく。

帰ってタイムでお茶を淹れる。
先月、自家栽培したものを収穫して乾燥させておいたもの。
うまい。
意外とうまい。

タイムの香りが立ちのぼり鼻から入って脳が覚醒する。
生やしてあるバジルの香りを嗅ぐのも好きだ。

明日は仕事なのでこのへんで。



[PR]
by toshiokake2 | 2017-09-03 20:54
<< 朝は眠い 往復4時間 >>