日記20170427


朝はお店に行って閉店作業をしていた。ベッドを1台解体と、こまごまとしたゴミをまとめる。返すものの返却相手にメッセージを送る。昼は天王町の土ものがたりに行って醤油と米を買う。雨の日割引をねらってたのだけど上がっちゃったな。オレンジとバナナも買って近くの公園でランチ。月・火と試聴室ラストウィークに行って胃腸が荒れてるのと、2kgほど太っちゃったので調整。

帰宅してすこし寝る。起きてまた店の片付け。夕方に終わらせて銭湯、そして試聴室へ。

今日は鶯色。今週の試聴室は本当によい。ラストウィークで試聴室を好きなお客さんと出演者さんが集まり、あたたかい雰囲気がある。演奏者さんもいつもに増してよい演奏が出来ているように思う。今日もグルーヴ感あったな。

帰ってコンビニに寄ってスープパスタを食べて今。

春は、、ほんとうに春だなぁ。



(2017年5月5日閉店予定です。喫茶部門の通常営業は行っていません。)

[PR]
# by toshiokake2 | 2017-04-27 23:02

日記20170422


土曜は朝は八時から宅急便のバイトに行く。ボチボチ慣れて来てつつがなくこなす。すこしやる気を出してしまい、すこし残業して一時半にあがる。

帰る前にいつもの中華屋の雲海に寄る。いつものレバニラ炒め定食をたのむ。いつも通りスープとご飯をおかわりする。今日のおかわりはご飯半分。

帰宅して昼寝。四時前に起きる。シャワーを浴びたりして店へ。今日はカホンを持って行く。明日のライブのために、演奏者が座る椅子にもできるよう。

店では五時に待合せ。知人の映画監督が撮影に使うとのこと。五時すぎに若者が一人やって来る。監督達は20分〜30分遅れると言う。そしたらと、その間に家に戻ってギターと譜面台も持ってくる。

カホンやギターで遊んでたら六時になる。監督達は現れずさらに遅れると言う。こりゃ待ってても仕方ないな、と店を出ることにする。まあ撮影だし、僕いなくてもいいだろう。若者に携帯の番号を残す。

・・・

昨日YoutubeでStanGetz&BillEvansというアルバムを見つけた。こんないい音楽を知らなかった。
e0297318_21365098.jpg



[PR]
# by toshiokake2 | 2017-04-22 21:40

ほへー


ベランダに出してあるビーチチェアーに寝っ転がり空を見ると星がいくつか見えて、

「なあ、わかるか? 俺は何人ものやつと殴り合って来て、一度も負けたことがなかった。 でもよぅ、あんときアイツに初めて負けてよぅ、、あおむけにぶっ倒れて、、そんとき初めて、この星空が見えたんだ。。なぁ、殴り合って、勝ってるときには見えなかった、、星空が初めて、見えたんだ。。」

というセリフが脳裏をよぎり、売れねえな、これ。と思う。

宮古島では星がたくさん見えたな・・
久礼でももっと・・

都会人は星が見えないから夜景とか見るんだよな・・ほんとくだらない・・
とか言ってても仕方ないんだけど、、
やっぱりそれはずっと少しあるな、、、

と言いつつ、閉店間際のスーパーで買って来た半額の春巻きと100円引きの餃子をツマミに缶ビールを飲んでいる。ダメだなー。これダメだなー。ぐへへへへ。


店に住んでいたころは日課のようにしていた夜の散歩も、引越してからはしなくなった。一人の時間がほしかったのかな。



(2017年5月5日閉店予定です。喫茶部門の通常営業は行っていません。)

[PR]
# by toshiokake2 | 2017-04-18 23:27

4月17日 日記


2017年4月17日。

いつも通り水道の仕事に行って4時ごろ退社。帰宅途中に郵便局で更新されたクレジットカードを受け取ってラーメン屋に寄り帰宅。店の片付けをしようかと思っていたが、お疲れ気味なので7時半ごろまで夕寝。娘の顔を見に行ってスーパーへ。ドライフルーツとアイスクリームを買う。帰って録画していた笑点を流しながらビッグイシューを。
e0297318_21423102.jpg
ビッグイシューは少し前まで年間購読していたが、なんとなく気が乗らなくなって中止していた。どうも僕は勝手に送られて来るものというのに食指が伸びづらいようだ。今回は横浜駅東口でいつもの販売員さんを見つけ、気になる特集だったので買ってみた。トレインスポッティング2と、都会で畑。

都会で畑、の方は、ちょっと期待しすぎた。ふーん、うん、こういう人たちも居るよね。という。。渋谷のライブハウスの上で畑をやる人たちというのは、やっぱり少し僕とは性質が違うな。。それ以外の、地味にやってる人たちの話は気になったけど、いかんせん遠い。横浜にも居ればいいんだけど。

トレインスポッティング2の方は、、まあ前に書いたからいっか。「中年の危機」「老い」という、前作とはまったく違うテーマです。そのうち見に行こう。

表紙につられて買ったビッグイシューだったけど、アメリカでパイプラインを止めたハードな環境活動家の話なんて乗ってて、これすごい話だけど全然知らなかったな、、とか、、再生エネルギー中心の新電力を紹介する「パワーシフト・キャンペーン」とか、そうそう、こういう情報ほしかったんだよね、、というのも、、載っていて、、

やっぱこの雑誌ペラッペラだけど、
僕の知りたい情報がピンポイントに載ってるな・・

と、あらためて思いました。

・・・

やっぱり、
こうした現在進行中の、現実の話には魅き寄せられます。

話が飛ぶように感じるかもしれませんが、

芸術や表現、アートには、
・暮らし(日常)のなかで発揮できない己の発現
・新しい(だけどもこれからの当り前になる)暮らし/スタイル/価値観の提示
という2側面があると思います。

前者については、ここでは置いておきます。

後者について。
アートの役割は「きっかけ」であり、暮らしこそが「本体」だと思います。

いまある「暮らし」とは、これまでの「アート」を含めたいろいろな「気付き」の波及によって出来てきているもので、「アート」は「暮らし」のレベルまで波及してこそ(社会的には)意味を持てます。これは、アートファンの方よりも、アーティスト自身の方がわかっていることだと思います。

なんかすげーエラソーになって来たな・・

つまりなんというか・・

暮らし、に興味があるんだよ。。

結局、

暮らしが本体なんで、、

「つぎなにやるんですか?」
「つぎもなにか面白いことやるのー?」よく聞かれるんだけど・・

暮らしがいちばん面白いっていうか・・

そのうえでたまたま発現したのがあのお店だっただけで・・

僕としては、やってることはそんな変わってないっていうか・・

「暮らし」のなかに、、

「暮らし」のひとつの提示としてアレがあっただけだよ・・


暮らし、、

ぼくべつにそんな出来た人間じゃないし、、だらしないとこも多いんだけど、、

出来れば、、

電力はなるべく再生エネルギー使ってる会社に乗り換えて・・
野菜は天王町の土ものがたりで買って・・
畑にできればたまに行って・・
日光をよく浴びて・・

出来れば、そういう暮らしがしたいなあー、と、、

その方がきもちいいというか、、ゴハンおいしいし、、

アイスクリームのパック、スーパーで買うけど・・
マックのチキンクリスプも、たまに食うけど・・
タバコのポイ捨ても、たまーにするけど・・
結局、移住もしてないけど、、

それはそれで、もういいと言うか、、

いいもわるいもなく、、あるもんはあるんで、、

土ものがたりで買った醤油とか、、
うどんつゆにちょっと垂らすと、、味に奥行きとふくらみが出て、美味しいんだけど、、みんな知ってんのかな、、そういうの、、いいカツオ節とその醤油と、須磨くんのニンニクで猫まんまチャーハンとかつくると、、もうそれだけでウマいんだよな、、
e0297318_21431801.jpg


(2017年5月5日閉店予定です。喫茶部門の通常営業は行っていません。)

[PR]
# by toshiokake2 | 2017-04-17 22:37

大奥14巻など


駅地下のツタヤで大奥14巻とブルージャイアントの新刊を借りて来た。

大奥は良い。

かつて漫画を中心に経営していたあの喫茶店の店主でありながら近ごろはすっかり漫画への興味を失い、もはや現代に読むべき漫画などほぼないとウソブいているが、、

いま新刊が出たら必ず読みたい漫画は、

大奥(よしながふみ)、、あとなんだろう、、

ヴィンランドサガ(幸村誠)、

バガボンド(井上雄彦)、、

それぐらいか、、

へうげもの(山田芳裕)、
ブルージャイアント(石塚真一)、

そのへんはまあ、ヒマだったら読むかな、といった程度だ、、

ヴィンランドサガもアシェラッドを切って、奴隷になって、開墾して、、というところまでは抜群に面白かったのだけど、それからちょっとな、、一瞬一瞬で、良いところはあるんだけど、、まあ、幸村さんも僕と同世代で子供も3人いるし、いろいろあったりなかったりするんだろうな、、とかかってに思っています。

あの牧師さんもっかい出してくんないかな、、あの人がキーになると思ってたんだけど、、

まあでも幸村さんは好きなのでいつかまとめてそのうち読むでしょう。

それ以外に、若手の作家さんで、この人いいな、、というのがほんと居ないんだよね、、雲田はるこさんと、鳥飼茜さんはすこし気にしてるけど、、まあ必ず読みたいと言うほどでは、、ギター弾いたり畑行ったりしてる方がたのしい。畑近ごろ行ってないけど、、。あと今回の(もう前回か)BIGISSUEおもしろそうだったので買った。なんか近ごろまた良くなって来たんかな。一時期へんに軽くなって迷走してた気がするけど・・。なんの話だっけ。

ああそう、漫画。
新井英樹さんもやめちゃったしな・・。

まあまあ。

大奥。

大奥の良さは、ヨコ軸とタテ軸。

ヨコ軸の、それぞれの時代で主要キャラをとりまく人々とそのやり取り、心の機微にふれた台詞回しがすばらしい。さすがよしながふみ。僕みたいに女心を持ちつつ男のようにクヨクヨ悩むタイプの人間にはうってつけの人です。

そしてタテ軸。

これタテ軸とはゆわんかもしれんけど、
徳川幕府初期からずーーーっと物語を進めて来て、もう幕末も近くなって来ると、登場人物は違っているものの、背負っているものはずーっとつづいているから、違う登場人物でありながら、ひとつひとつのキャラクターがずーっと生きて来て物語を紡いでいるよう。もう14巻とかなると、それまでの経緯とかも思い出しながら読むから感情移入してしまう。我が子、というか、なんか知ってる人たちの話を見ているみたい。よしながふみファンの女性でも、この男性ウケしそうな時代モノの世界観になじめない人がいるようですが、僕は好きですね。最初数巻はそうでもなかったけど、だんだん良くなって行く感じ。つまりタテ軸とは、このずーーっと続いて行く時代の流れのことを言っています、僕は。14巻を読んでいるときに、それまでの時代のことを想い、同時に、これからの時代のこともおなじような長さで想像する。先にある感じがする。一瞬を読みながら、それまでの時代の流れと、それからの時代の奥行を感じる。なんかそういう感覚がすきです。

このヨコ軸とタテ軸が同時に展開されて行く、物語の広さ。

・・・

漫画なんかチャチャっと読めるだろ、と思ってツタヤのレンタルを明朝までにしてしまった。明日も仕事が早いのに、ブルージャイアント2冊読まな。いそがしいんだかヒマなんだか。

あ、ブルージャイアントはソントン君がホメてたのでかりました。
御朱印帳なくしてごめん。

・・・

あ、そーだ。
宮古島の須磨くんに島ニンニクを送ってもらったので、ほしい人いたら声かけてください。まあ、いつ渡すんだよ、ってかんじですけど。無農薬無化学肥料でウマいよ。

・・・
・・・

ああ、そーだ。
大奥について、書きたかったことを思い出しました。

よしながふみの漫画はやさしい。
大奥も、ドロドロした面も多くてツラい時もあるけど、やっぱりやさしい。

「生きましょう」ってカンジだ。

宮崎駿は、「生きねば」。

宮崎駿の「生きねば」「生きろ」には、奮い立たされる面もあるけど、その反面、つかれたり弱ってるときだと、ちょっとキツい。ゆったらまー、躁鬱病の躁状態みたいなもんだ。むりやり躁にもってくよーなもんだ。宮崎駿の「生きろ」は「死ね」と表裏一体です。「死ぬまでやれ」ってカンジだ。

よしながふみはやさしい。

「生きましょう」ってカンジだ。

「それでも、生きましょう」と。



(2017年5月5日閉店予定です。喫茶部門の通常営業は行っていません。)

[PR]
# by toshiokake2 | 2017-04-16 22:27

4/11日記


昨日の日記は名作であったがプライバシーに侵害してる感があったので今朝起きて非公開にした。というか我輩の書くものは近ごろはプライバシーに侵害なものが名作というかこころの動きのある良い文章なのだがそれゆえにまた見せられぬ。すいません。昨日のものは10人ほどの人が読んだようです。

今日は水道の仕事二人前と宅急便の仕事に行ってトータル収入23,350円。さすがに疲れた。寝る。

と言いつつ思ったことを書くと、
水道の仕事は本日時給換算2290円ペースでおそらく明日もそうなり正直会社員時代(とアレを呼ぶのか微妙だが)よりも時給換算賃金が良くなって来ていて、もちろんあのクソ喫茶店と比べると雲泥の差である。やはり私は収入を得る労働は心を無にして高効率で働き自己表現はそれとは別に、というか自己表現でメインの収入をたてるよりは、そちらは遊び程度に(金銭的には)設計した方が良い人のような気がする。まあ自己肯定力たかいので大体そんときの状況にあわして良い方に解釈するのですが。まあまあ。

特殊喫茶を始める頃に旧知の先輩に「お前はそういうマニアックな店じゃなくて、もっと間口の広い多くの人向けの店をやった方がいい」と言われて、「じゃあ具体的に、店の前を通る人の何割が入店するくらいの店がいいんですか?」と聞いたら、

「8割」と言うので、

「関所かよ」と思った。(関所でも8割も通んねえよ。)

・・というツッコミを先輩にその時しそびれて、いまだに言ってやれば良かったと半年に一回ぐらい思い出す。

・・でも、なんだかんだで水道の仕事ってそういうタイプの仕事だなあ、あのとき先輩が言ってたみたいな。と、ちかごろときどき思います。

じゃあ寝ます。シャワーあびて。



(2017年5月5日閉店予定です。喫茶部門の通常営業は行っていません。)

[PR]
# by toshiokake2 | 2017-04-11 23:24

四月八日 日記


朝起きて昨日ためたまま入らなかった風呂に入る。昨夜は風呂が溜まったタイミングでRayを観るのに丁度いい気分になってそのままにしてあった。風呂を出て米を研いで炊飯器にセット。スーパーへ食材を買いに行く。セロリ、玉ねぎ、マッシュルーム、トマト缶。帰って野菜を切って鍋に入れる。今日はハヤシライス。料理をするのは好きだが洗い物が面倒くさいので、カレーやハヤシライスなど鍋で大量につくって置いとけるものを選ぶようになった。もらった冷凍の牛肉がたくさんあるので入れる。圧力鍋で少し煮込んでからルーを入れる。タイマーでセットしておいた米が炊ける。メシ。

メシを食ってからベランダに出て煙草をふかす。雨の日は鼻から入る空気がきもちいい。部屋のなかで昨日観たRayのコメンタリー映像など流れている。

さて、ちょっと北千住まで。
e0297318_10494523.jpg




(2017年5月5日閉店予定です。喫茶部門の通常営業は行っていません。)

[PR]
# by toshiokake2 | 2017-04-08 10:50

日記とRay 二流と一流、夢を追う事とその代償


Rayという映画を見た。
今日のテーマは二流と一流、そして夢を追う事とその代償。

・・・

今日は朝早くに起きて水道のバイトへ行った。
本日はお仕事二人分+新人レクチャー手当、で、ついに時給換算2200円ペースを超えた。そして労働時間も長引かず、16時には退社できた。毎日がこんなペース、ってわけじゃないけど、さしあたり至極順調。

・・・

Ray、について。

・・・

二流と一流。

Ray、は二流とも一流とも言えない、というよりは、二流の時間と一流の時間が両方ある、めずらしい映画だった。あとでエンドロールを見てみると、音楽シーンでは実際のレイチャールズの演奏を使っているところが多かったようで、その時間が一流の時間を造っていたのかな、と思った。実際に、最初の30分ほどは、やべえ、つまんねえ、と思っていたけど、その辺りで差込まれた演奏シーンからグイグイ引き込まれて、最後まで飽きずに見た。

ここで「二流」と「一流」という言い方をしているけど、これは少し語弊があるかもしれない。ここで僕が言っている「二流」「一流」というのは、

二流、自分より小さく幼く、あるいは自分と同じように小さく幼く見えるもの。だから可愛らしくも見える。ララランドや、風立ちぬは、これにあたる。Ray、の演奏シーン以外の多くもこれにあたる。

一流、自分より大きいもの、破格のもの、大人に見えるもの。ゴッドファーザーやレミゼラブル、ナウシカがこれにあたる。Ray、の演奏シーンの多くもこれにあたる。

二流より一流が優れている、とは一概には言えない(まあ優れてるんだけど)。すこしベクトルが違う。一流には決して持てない、二流の強みというのは有る。

一流のものを、つくるものというのは、何なんだろう、ということもボンヤリ考えながら見た。余談ではあるが、「コウノドリ」という糞漫画が僕は大嫌いで(井上雄彦のパクリの絵、わかりやすい御涙頂戴エピソードに、力の無いパクリ絵をのっけて、手軽に大衆の支持を得ようとしてるのが大嫌い)、ただドラマは見たところ悪くなかったので、何でだろう、と思って考えてみたら、たぶんドラマでは本物の赤ちゃんを現場で使っていて、赤ちゃんの持ってる本当のパワーが、役者さんやスタッフさんに影響したんじゃないかな、と思いました(妄想ですけど)。

まあ、なんとなく、そんなことも思い出しながら、Ray、を見た。
コウノドリ、の赤ちゃんの役割を、Ray、では本物のレイチャールズの演奏が、担ってたんじゃないかなと思う。

・・・

夢を追う事と、その代償。

代償を払って夢を追う人、夢の代わりに何かを失った人、捨てた人、というのは、どうにも魅力的です。女房子供を捨てて出家した人、家庭を顧みず宇宙にその足跡を残した人、酒で身を滅ぼしたフォークシンガー、などなど。 Ray、のレイも、そうした姿を晒しながら物語の上を進んで行く。それは僕にとっても、どうしようもなく魅力的なのだけど、、

ここ数年は、そういうタイプのものを見ているときに、いかんいかん、感化されちゃダメだ、俺もうそっちじゃない気がする。これからつくるべき、つくり上げて行くべきものはそっちじゃなくて、、

と、思う。(ようにしている。)

代償を払って夢を追う物語、
風立ちぬ、や、ララランド、も、これにあたる。いやーもう、好きなんですけどね。もう可愛くて可愛くて。すごい感情移入しちゃうし。でもね。

そうじゃないと思うんだよね。

なにもかもが二者択一で、どっちかだけしか、選んじゃいけないわけじゃ、ないし。

もうすこし時間をかけて、ゆっくり時間をかけても、いいと思うんだよね。

物語やドラマになりやすくて、カタルシスの求められる展開、そういうのだけじゃなくてもいいでしょ。

そういう、
ゆっくりしたものをつくり出そうとしてる人、いくらかいると思います。

僕はどっちかというと、そっちかな。ちかごろは。

カタルシス系の映画は、娯楽として楽しんで、すこしはなれとくようにしないとね。

Ray、では、クスリと手を切るまえの、レイがカタルシス系人生あゆんでる時期がほとんどで、その後の、クスリと手を切ったあとのことは、簡単にしか紹介されなかったんだけどね。そっちの話にも、キョーミがあるよ、と思いました。

・・・

今日は水道のバイトも高収入で帰りもそんなに遅くなく、順調な一日。。だったはずなんだけど、なんかこう、ちょっぴり、イライラするような気持ちもある。これはちかごろずっと大体、ちょっぴりある。これやってていいのかな、このままでいいのかな、人生あとなんか、まだなんか、、という気持ちがずっと、ちょっぴりどこかでくすぶっている。フラストレーション。。?

でも、この気持ち、どこから来てるんだろ? ほんとに何かやりたいのか、ただ閉店が間近でナーバスになってるのか、そのナーバスさから逃避しようとしてるだけなのか。。?

とりあえず今は、閉店して落ち着いてから、またそれから、、

と、思っております。

もうねえ、つぎなにやるんですか、つぎなにやるんですか、うるさい。




(2017年5月5日閉店予定です。喫茶部門の通常営業は行っていません。)

[PR]
# by toshiokake2 | 2017-04-08 00:46

日記 四月四日


日記、、

四月四日、、 なにを書こう。

今日あったこと、、

水道の仕事に行った、
帰って昼寝をした、
起きて宅急便バイトの契約更新に行った、
帰って来てサンドイッチを作って食べた、
アマゾンで注文したものが届いた、、


今朝は起きてどうも体がダルかったので、すこし二度寝をしてから出社した。こういうことはたまにある。疲れがたまっているのかな。二度寝から起きてもまだダルかったがそのまま水道のバイトへ。ちょっとシンドいなと思いつつ200件余の検針を終えて帰社。帰宅。今日は時給1500円ペース。

帰宅する前に、近所のコンビニに届いたアマゾンの荷物を回収。洗濯ホースとエレキギター・ヘッドホンアンプ。洗濯ホースは、この家、新居は、横浜駅徒歩15分で55,000円12畳1Kとずいぶんお買得なのだが、そのぶんいくらか不便もあって、洗濯機置場がない。排水の都合で風呂場に置くことにしたのだが、給水口まで前より距離があるので、新しいホースを購入した。エレキギターのヘッドホンアンプは、そもそもエレキギターよりアコースティックギターの方が好きに決まってるのだが、旧居と違い集合住宅なので、アコギをジャンジャンかき鳴らすわけにも行かず、でもアンプ持ってないしなー、エレキとヘッドホン直結できればいいんだけど、、と思ってググってみたら、あるんですね、そういうもの。三千数百円で購入。

そして昼寝をして、宅急便のバイト、僕の営業所を統轄してる支店へ。これがまあ結構ながい話で、、

というのも、
先日、3月に、働きはじめて2か月たつので、契約更新の書類を書いてくれ、と言われて、んだよこのまえ入社書類かいたと思ったらまたかよ、、しかも住民票記載事項証明書も取ってこいって、、と舌打ちしながら書類をそろえたのだが、こちらは期日に間に合わせて用意したにもかかわらず、「ごめんね〜。申請が間に合わなくて4月前半、働いてもらえないことになった。」とふざけたことをぬかす。しかしながらこちらもライブ用意やら引越やらでいそがしいので、ちょこちょこ連絡取りつつも、ある程度ほっといて、で、時間が出来たので昨日電話してみた。電話の相手は、A支店長。僕のエリアを統轄している、上司の上司の上司、である。

A支店長に、どうしてこうなったか聞いてみると、

A支店長
「自分のところに書類が来たのが、期日5日後で、間に合わなかった」

とのこと。

しかし、僕が先日、B副支店長に聞いたところだと、

B副支店長
「書類は期日までに用意したが、A支店長が申請を忘れていたので、間に合わなかった」

とのことだった。


僕は、宅急便会社の本部に電話することにした。
本部に経緯を説明したところ、本部から人事部へ、そして人事部からA支店長に連絡が行ったようで、A支店長から電話。結果として、4月前半から働けるし、働けなかったぶんの給与についても補償してもらえることになった。

まったくしょーもねー会社だぜ、、。

自分の補償等については解決したのだけど、
結局だれがウソをついてるのか、ミスをしたのか、まだ明らかでないので、明日以降に、再度本部に連絡して、解明してもらおうと思っています。まああんまりイジメてもしょうがないのだけど、ほっとくと多分またほかの人に同じことするからね、こーゆー人は。組織の健全化と自分のストレス発散のために、めんどくさいけどあと少しがんばります。

いやー、この件ではけっこー疲れた、ここ数週間。

なんか叩き上げの人って、
たぶん「自分もそーされたから」っていうのがあって、
部下の待遇とかについて無責任すぎるときありますよね。
権力を持ってる自覚が足りねーっつーか。
僕そーゆーの大嫌いなんで、
んで、たぶん僕以外のパートのおばちゃんとかは泣き寝入りとかしてそーなんで、
こーゆーときはわりと攻めます。

まーなんだかんだ解決しそうで、よかった。
肩が軽くなりました。


・・・

んで。

帰って来てサンドイッチを。

どうも近ごろ風邪気味かな、と思ったので、
スーパーでレモンとツナを買って来て、
レモンは皮をむいてスライスして、トーストしたパン、キャベツ、ツナ、黒胡椒、レモン、をはさんで食べる。うまい。ケチャップとマヨネーズがあればなおウマいが、ないので我慢。

ケチャップとマヨネーズはね、
天王町の「土ものがたり」という自然食品店で売ってるやつがウマいんだよね。とくにケチャップ。だからスーパーで買わずにガマンしてる。

「土ものがたり」は平日か土曜の、11時すぎ(?)〜17時しかやってない。なかなか行けないんだけど、明日あたり、ちかぢか行けるといーな。おもいだしますように。


スーパーにレンタルDVD屋が併設してあるので、「ブラス!」という映画を借りて来た。最初は「オーケストラ」という最近の映画に目がとまったのだけど、その上にあった「ブラス!」の方を。ユアン・マクレガーとか出てるやつ。



(2017年5月5日閉店予定です。喫茶部門の通常営業は行っていません。)

[PR]
# by toshiokake2 | 2017-04-04 22:43

手短に


手短に日記を。

おととい「ララランド」を観ました。
僕の周りの評判は「普通ですよ」と「あまり良くない」で、
僕も前作の「セッション」で「わるくないけど期待させといてカタルシスがないな」「展開が性急で大河ドラマ的なうねりが無いな」という印象だったので、
期待してなかったんですけど、けっこー良かったです。

言い方ワルいですけど、
すごく楽しい2流〜1.5流の映画。

レミゼラブルのアンハサウェイとかには1ミリも敵わない。

でも、

見終わった翌日、
もう主人公の2人が可愛くて、可愛らしく思えて、
また見たいなー、と思った。「あの2人にまた会いたい」と思う。
風立ちぬ、を見たあとみたい。

「レミゼラブル」は、
「また会いたい」とは思わなかった。次元が違いすぎるからかな。

いやちがうか。
設定がちがうからかな。わかんねーや。

夢を追うっていうのは、なんともグロテスクで美しい行為でね、、まったく。


昨日にたないけんのライブに行ったら、
にたないけんが、菊地成孔がララランド酷評してた、と言ってたので、さっきググったら、まあだいたい僕と似たような見解で酷評してました。音楽演奏についてはすこし違うけど。あとラストについても違うな。あのラスト、というか終盤、僕は好きですよ。菊地さんちょっと人生経験足りないんじゃないかな。あと余白をイメージするゆとりとか。

なんか上手に書けないな、今日は。

眠いから寝よ。

エレキギターのヘッドホンアンプを買おうか迷ってた一日。

試聴室で田口君バンドや今成哲生さんを見た一日。

風の又サニーの哲生さん、もと京都・軽食南の哲生さん。

去年京都で会って、一年ぶりに会えて、はじめてライブを聴けて、とても良かった。


明日は、今月の水道バイト初日。




(2017年5月5日閉店予定です。喫茶部門の通常営業は行っていません。)

[PR]
# by toshiokake2 | 2017-04-02 22:19