2017年5月17日 日記


起きて水道検針の仕事に行った お疲れ気味なので あせってもしょうがないな と のんびりやることにした それなりにマイペースで動いて帰宅 すこし寝て宅急便のバイトへ 過去の自分のブログを見返していてときどき思うのだけど ねむいとき疲れているときに書いたものは 読み返すとひどく読みにくい 構文能力が低下してるからかな と思う というか書いてるときから、そう思いながら書いている そのとき読み返して直そうとするのだけど なんだかうまく行かずにあきらめて寝る とかいうことを考えながら宅急便の配達をしていた

そんなことを考えながら思い出したのは 2年前に死んだ友達がいて 脳梗塞(のようなもの)だった 亡くなる前年に1回目の発症があり 翌年再発して亡くなった 彼女が1度目の脳梗塞から復帰したあと いくらかメールのやり取りなどしていたのだけど あるとき 「こういうもの書いているのですけど読んでくれませんか 自分でも脈絡がなくてよくわからないのですけど 発症してからずっと書くようにしてて もしかしたらなにかわかるかもと思って」 と便りが来た。

なにかわかるかも というのは つまり 彼女の脳梗塞(のようなもの)には ほんとうは病名がなくて 原因もわからず 再発するかどうかもわからず 再発を防ぐ手だてもわからない というものだったから そういうことがなにかわかるかも ということだったのかもしれないし そうでもなくて 自分には意味がわからないけど ほかの人が読めばなにかわかるかも という程度だったのかもしれない

そのときは いまバタバタしていてじっくり読めないから またこんど落ち着いたときに読ませて と言ったけど それっきりになっていた そのまま彼女は2回目の発症でいなくなった

そのとき思っていたことは 彼女あんなだし 読んであげなきゃ と一瞬おもったけど いや ちょっといまそういうのゆっくり読める精神状態じゃないな それに彼女が病気だったからって なんもかんもハレ物をあつかうようにするのも どうだろう ふつうに ふつうに接するのがいいんじゃないだろうか と思って そういうふうにしていた

それでもやっぱり思い出す あのとき読んでれば なにか違ったんじゃないかって それはそんなに悲しい感じでもなくて ただなにか違ってたんじゃないかって すこし思う 読んで感想を話してみたりしたかった もしできれば とすこし思う

きっとこういうことはキリがなくて 悔いがないなんてことはないんだろうと思う

このことがなければ きっとまたべつの後悔を探すだろう

そのころはそんなふうに自分を結論づけて そしていまもそういうふうに思っている

宅急便の荷物を運びながら

そんなことを思い出し考えている


あと同僚と

配達のときマダムに誘われたらどうしよう

という話をしながら今日の仕事を終えた




[PR]
# by toshiokake2 | 2017-05-17 23:44

OMOITE--


頭が重痛え、、

昨日、一昨日と飲み過ぎた、、

おイタはしてない(たぶん)と思うので、ほんと良かった、、

試聴室ラストウィークくらいから、それまで顔は知ってるけど話した事はあまりない、という人たちと話すようになって、、おなじ場所でもシチュエーションが変わってすこし風が、風の当たり方がかわってる感じ。たのしいような気がする。

昨日は試聴室お引越しの手伝いに行ってたのです。
(ビール飲んでただけだけど、、)


さいきんなんか、
知り合いに彼女ができただの、、
だれかさんに恋人が出来ただの、、

なんかそういうのを聞くとむしょうにうれしい。
なんだろ。
そういうタイプじゃなかったんだが。

先日はライブをしてくれた某シンガーに、
彼女とかいるの、ときいたら、
あれです、と言うので、

え、あ、そーだったの。
あーそー。あーそー!よかったねええーー。

となんだか妙に喜んでしまった。
喜びのあまり彼女にチューしそうになってしまった。
(しなくて本当によかった。)


あたまおもいねむいフロはいってねまする。



[PR]
# by toshiokake2 | 2017-05-16 22:09

グルーヴ


最終日のライブで、飛び入りゲストさんと、その場で急に呼ばれてバンドになった人たち、演奏が始まった時のあのグルーヴ、、(!!!) すごい、この店で生楽器でもこんなグルーヴ、、このグルーヴはどこから生まれるんだろう、、?? 歌、ギター、、うーん? あ、カホン! うん、カホン。。あ、でもやっぱこれだけじゃない、、?? と、順番に楽器を見て、音を聴いて、ステージ側にいるのに完全に観客になっていました。

ちょっとアタマのカタい話をしてしまいますが、、
僕にとって、お金とか、営業成績の数字だとか、8bitが16bitになって次は64bitだとか、、そういったものは瞬間的な快楽、幸福感をもたらしますが、すぐにそれが普通になって、なくなるか、もっともっと、と求めてしまいます。

温泉だとか、家族だとか、友人だとか、、そういったものは、ただそこにあるだけでコンスタントに「ずっと」「良く」て、「なれてしまって幸福感がなくなって、次を渇望してしまう」ということも無いような気がします。(どの口が言うんじゃい、というのが一部ふくまれてますが。)

グルーヴはどうだろう?いいグルーヴだな、と思えばわりとずっといいし、、まあ「ほかの良いグルーヴも味わってみたい」とは思うけど、、飽きて次を渇望する、という感じとは違う気がするな、、。

この違いってなんなんでしょう?
グルーヴってどこから生まれるんだろう?

そんなことを近ごろはよくかんがえます。

・・・

ここ半年ぐらい、
ギターが鳴らない鳴らない、おれの感性どこいった、と思ってたんですけど、
昨日ぐらいから、また鳴りはじめました。
(とは言っても、ぼくはFもBも弾けないシロウトちゃんなのですが。)


月末には宮古島に行って来ます。三たび。


(宮古島の友達、みかちゃんが歌ってるFB動画。見れるのかなこれ?)




[PR]
# by toshiokake2 | 2017-05-13 22:18

喫茶へそまがり最終日(メモ)


最終日のライブ、サラダくんも臍藤シンタさんも、ああ、この日のために気持ちをつくって来てくれたんだな、と感じました。そしてラストの飛び入りゲスト、あの演奏が始まったとき、グルーヴが生まれた瞬間のこと、僕はずっと忘れないと思います。むかしテレビで見てた人に演奏してもらう店をやるとは思ってなかった、というティピカルな感想はそのあと思い出したように思いついたセリフ。


[PR]
# by toshiokake2 | 2017-05-13 00:23

日記20170512


昨日、一昨日と、水道の仕事はキツかった。水道の仕事、まったく疲れない、天職かも、などと言っていたけど、ちかごろは疲れる。先週、先々週と、試聴室ラストウィーク、へそまがりラストウィークで、飲み疲れ遊び疲れしたかも。

昨日はあまりの疲労に、Sくんを誘って銭湯に行っていた。風呂やサウナに入って帰宅すると、眠くなって、午後7時半から朝5時まで寝ていた。おかげで本日は快調。

今日も仕事後、銭湯に行こうかと思ったけど、会いたい人がいたのでメッセージを送ってから一旦帰宅。返事がないので仕事中かな、と思い寝る。夕方5時から夜8時半まで寝ていた。

起きると返事が来ていたが、また今度、ということにして、シャワーを浴びて再び布団へ。寝つけないので起きてブログなど書いている。

・・・

会いたい人に会える、というのはいいです。もちろんお店をやっていても人は来るのだけど、会いたい人に会う、というのとは少し違います。受動的だし運任せハプニング任せ。お店をやめた今、能動的に自分から、会いたい人に会おう、といくつかアポイントを取っています。会いたい人が二人います。

・・・

寝つけない時間にサッカーを見ていた。ヨーロッパのチャンピオンズリーグのダイジェスト。むかし好きだったもの、マンガ、野球、いくつかの映画、など、今になると興味の無くなってしまったものも多いけど、サッカーは未だに面白い。どうしてだろう。真剣にやってる心の動きがいいのかな。

人の心の動きを見るのが好きだ。
漫画も映画も音楽も同じ。サッカーも日常生活も同じ。

僕も、真剣に打ち込めるものがほしい。

ま、もすこし生活ととのってからかな。

・・・

今日の食事

玉子かけごはん
・玄米(自然栽培)
・玉子(コンビニ)
・醤油(自然食品)
納豆(コンビニ)
冷奴
・豆腐(コンビニ)
・かつお節(自然食品)
・醤油(自然食品)
・青ネギ(自家栽培)
みそ汁
・味噌(自然食品)
・かつお節(自然食品)
・ドライみそ汁の具(スーパー)
野菜ジュース

カルビ牛丼(外食)

うどん
・うどん(冷凍)
・醤油(自然食品)
・かつお節(自然食品)
・玉子(コンビニ)
・ネギ(自然栽培)


あとアイスを5個。



[PR]
# by toshiokake2 | 2017-05-13 00:08

閉店しました


2017年5月5日をもって、無事閉店しました。

撤収作業も滞りなく終わり(手伝ってくれた人、ありがとう)、

5月7日に物件を大家さんに返しました。

閉店の日のことは、またおいおい書くかもしれませんが、

さしあたりお店から引き上げたものの処理などでワチャワチャしてるので、

ひとまずご報告まで。

みなさんありがとうございました。


店主へそ



[PR]
# by toshiokake2 | 2017-05-08 17:46

閉店の前の日


ここ数カ月、閉店作業を色々と進めて来て、寂しさとか名残惜しさみたいなものを全く感じないなぁ、と思っていたら、今朝急に寂しくなったのは、昨日のライブが良かったからでしょうか。にたないけん、三輪さん、沢田さん、ありがとう。

とうとう明日、五月五日で最後です。よろしくおねがいします。

・・・

5月5日(金祝)へそまがりライブ 最終回
15時〜(開場14時半)
1500円
出演 サラダ 臍藤シンタ
持込自由(閉店前につき注文メニューはありません)

・・・

それではちょっと、
臨港パークに行って石井さんと楽器で遊んできます。

良い一日を。




(2017年5月5日閉店予定です。喫茶部門の通常営業は行っていません。)

[PR]
# by toshiokake2 | 2017-05-04 09:55

どうして閉店するんですか?の件


深夜に目が覚めてしまったので、
ちかごろ訊かれることランキング上位の「どうして閉店するんですか?」の件について書いてみようと思う。

「どうして閉店するんですか?」

うーん、まあ、お金なくなったから、てのはあるんだけど、それはまあ結果であって理由ではないと思うので、、

(1)おもしろい漫画が出なくなった
(2)Airbnb(民泊仲介サイト)のシステムがそぐわなくなった
(3)あきた

ほかにも色々、思い当たることはあるんだけど、
たぶん上記の3つが主軸で、ほかは派生的だったり枝葉なんだと思うので、端折ります。

(1)おもしろい漫画が出なくなった
ちかごろ僕を知った人は、知らないかもしれないけど、このお店は元々マンガが主軸のお店で、サブコンテンツとして、あるいはお金を得る手段として、珈琲、お酒、音楽、たまに野菜・畑関係、とかがあったのですよね。
元々僕は10年間ヴィレッジヴァンガードというところに勤めていて、まあいろいろ好きなんだけど特に漫画が好きで、そんでまあ、独立もうっすら考えながら働いてたころ、漫画の絵って、表紙絵ってすごい力あるなあ、いちめん漫画の表紙絵で飾られた店とかあったらたぶんすごいパワーあるなあ、とかいう想いはあって、そんなときたまたま水道橋に行く機会があって、そしたらたまたまジャンプショップがあって、フラっと入ったらなんか似たようなことをやっている。漫画の絵を見せている割合が普通の本屋より強くて、まあでも僕のイメージしてたヴィジョンよりは弱い。このていどで水道橋のドーム前とかで店やって成り立つんだったら、僕のもできるなあ。と思いました。
そんでまあすぐに独立したわけじゃないんだけど、なんかヴィレッジ合わなくなって来たんでやめて、半年くらいフラフラして、それで今のお店をはじめました。ヴィジョンは出来てたから、形にするのはカンタンだった。(物理的作業量としてはカンタンではないですが・・)
それでまあ、僕の好きな漫画とか置いて、人に知ってもらうということに喜びを感じてたんだけど、、思想の伝播、というヤツですね。。
なんかこう、最近は、ここ2年くらいは、僕の好きな漫画が出なくなって来ちゃった。それもだんだん、、という感じで、、そういう流れなんだな、という感じ。
まあ僕の好みというのは、知性とか、深みとか、人間ドラマ的な心の広がりとか、奥行きやスケールのあるもの、時代に挑戦しているもの、そして何より作家さんのスピリットを感じるものが好きで、、なんかそーゆーのが出なくなっちゃった。あんまり。これは2年ほど前にスペリオールが「鬼死ね」などを打切りにした頃が、いま振り返れば1つのターニングポイントだった気がします。まあそれも流れの中のことなんですけど。
まあ、結局ぼくのお店は「漫画のお店」で、、
「ビジネス」になるほどコンテンツ化できるものは「漫画」だけ、ほかのもの、音楽や自然栽培に今は興味があるけど、そちらをビジネスになるほどコンテンツ化する能力はないので、、
「おもしろい漫画が出なくなった」からやめる、これがたぶん最大のキーなんだと思います。

というわけで、つぎは二次的なことですが、、

(2)Airbnb(民泊仲介サイト)のシステムがそぐわなくなった
まあ喫茶店だけだと儲からない、やってけない、自家焙煎も豆売りもしないでやってけるワケない、んじゃどうしよう、と始めたのがゲストハウス部門です。これを始めるときには、お客さんとかに「喫茶店だけだと儲からないんだけど、どうしよう?」と相談してみて、「シェアオフィス」という返事と、「ゲストハウス」という返事があり、迷わず後者を選びました。「どうしよう?」と聞くのは、アイデアを求めてるようでもあるけど、タイミングを見てるんですよね。「ゲストハウス」とか、自分でも元々考えてるわけですけど、お客さんに聞いてみて、そういう声が上がった時が、きっといいタイミングだと思うので、、。喫茶店というのは「情報センター」としての機能があって、採算性は低いけど、お客さんが勝手に情報を持って来てくれる。その情報を使って、採算を取る方法を探す。というのは、開店前からウスボンヤリ考えてました。だいぶんボンヤリですけど。
そんでまあ2階をゲストハウスにして、しばらくしたらまた、来た人がAirbnbという民泊仲介サイト(当時は民泊なんて言葉なかったですけど、、)を教えてくれて、、めんどくせーなあ、、と思いつつ登録したら、客がバンバン来るようになった。そのおかげで、2年前、2015年の秋に黒字転換しました。(ふふふ。おかしいですね。なんでこれで金なくなったんかなあ。)
当時のAirbnbというのは僕の性質にすごく合っていて、自由な気風とハートフルな心を持っていたんですよね。お客さんも知性や優しさや冒険心のある人が多くて、ベッド組立てるの手伝ってくれたり、僕も知らないようなこの辺のおもしろいこと、大野一雄スタジオとか、教えてくれたりしました。いっしょにYoutubeで音楽教え合ったり、ほんと楽しかったなあ。Airbnbの対応もすごく良くて、ちょっとお客さんとトラブルあったとき有ったのですけど、その解決のための対応がすごくハートフルで優しくて、、ああ、すごいなあ、この規模の組織でこういうハートのあることができるってすごいなあ、、と、、かつて大きくなって性質の変わってしまった組織にいたので、、この大きさでまだ優しさを持てるってすごいなあ、、と。思ってたんですけどね。
なんかこの1年〜2年くらいでAirbnbはすごく変わってしまった。最初に違和感を感じたのは2年前くらいで、「イビサでホストを集めたパーティーをやります!よかったら来てね」的なメッセージが来て、おいおい、イビサって、、なんか僕の趣味と合わないんですけど、、というか君たちの性質ともちょっと違うんじゃ、、大丈夫かな、、と思ってたら、あとでそんときの、、いや、やめっか。そういう話はいいか。。まあ、そのころから段々「あれ?」と思うようなことが散見されるようになって、そういうのが段々ふえてきて、来る宿泊客もおもしろい人の比率がだんだん下がって行って、カスタマーサポートの対応もだんだんハートがなくなり知性も衰え、、
とどめは昨年の10月ごろ、「な〜んか最近、予約が減ってるな〜(まあサボってるからかな?)」と思ってチェックしてみたら、システムが告知なく変更されていて、僕のスタイルの運営だと、検索上位にひっかかりにくくなっていました。そんときは修正してちょっと持ち直したんですけど、、あー、こりゃこんなことがあるよーだと、これからも付き合ってくのキツそうだなー、、やめっか。と思って、やめることにしました。
まあ、これはやっぱ二次的なことで、たぶん(1)がなければ、もうちょっとやる気出して、ほかの仲介サイトに登録したり、手を打つと思うんですけど、なんかそこまでやる気もなかったんで。
Airbnbにはすごくお世話になったし楽しませてもらったし、感謝もしているので、変わってしまったことを責める気持ちはあまりないです。仕方ないというか、、やるせないですね。
まあそんなわけで、「Airbnbのシステムがそぐわなくなった」ので、ゲストハウス部門はやめることにしました。そうするとうちのお店は採算が取れなくなるので、お店は閉まることになりました。

Airbnbやってて嬉しかったことは色々あったのですけど、とくに嬉しかったのは、
タトゥーばりばりに入った金髪のデカい姉ちゃんたちが二人で泊まりに来てて、おお、こえー、なんかすげー人たち来たな、と思ってたら、
あとでレビューを見たら、

「横浜に隠された宝石(hidden gem)を見つけた。家は一面マンガで埋め尽くされ、日本家屋特有の雰囲気も素晴らしい。ここまでのものを作り上げた労力と情熱を思うと、畏敬の念を抱かずにはいられない。」と英語で書いてあって、

「ああ、わかってくれてんなあ、、」

と、目頭が熱くなりました。

hidden gem、っていいよね。

・・・

(3)は、まあ、あきた、は、あきた、ってことで。


朝になったので終わり!





(2017年5月5日閉店予定です。喫茶部門の通常営業は行っていません。)

[PR]
# by toshiokake2 | 2017-05-02 06:24

日記20170501


ここ一週間でおホメの言葉を2ついただきました。
1つ目は「救世主(メシア)」。水道検針の先輩いわく「突然変異のメシア」だそうです。新人なのに成長が早く仕事をたくさんこなす、といったニュアンス。人生でメシアと呼ばれる日があるとは思っていませんでした。とくにやりたいワケでもない分野で能力を発揮するのは、なんか昔からそうな気が、、まあまあ。

・・・

そう、ちかごろ、

やりたいことない やりたいことない、

と言ってたのですけど、

今朝はそんな水道検針の駐輪場で煙草を吸いながら日光浴してたら、
あれ?おれけっこうやりたいことあるな?と思って、
・畑
・移住
・音楽(ギターとか歌とか)
・音楽(それ以外)
・なんか店というか場、企画
・仙人生活
・海外旅行、滞在(インド、ブータン、アメリカ、とか)
あともうなんかいっぱいたくさん。
「コレがやりたい!」っていうのは今はとくにないのですけど、
「アレやってみたいな〜」っていうのは、もうほぼ無限にあるな、と思って、

「やりたいことない」つってたけど、これ多分いわゆる「やりたいことない」ってのと大分ちがう気がするな、、

と思いました。

・・・

おホメの言葉2つ目は、「大麻やってると思ってました。」
「いっつもニヤニヤしてるから、大麻やってると思ってました」だそうです。



(2017年5月5日閉店予定です。喫茶部門の通常営業は行っていません。)

[PR]
# by toshiokake2 | 2017-05-01 22:53


朝起きて窓辺の鏡に映った自分を見ると、
今朝はずいぶんいい感じだなと思いました。

なんでかな、
昨夜のライブ後の佐立さんたちとの話が楽しかったからかな、
お酒たくさん飲んだけど最後にラーメン食べなかったからかな、
とか思うんですけど、

いや、やっぱタンジュンに、射し込む朝日の光がいいからだな、
と思って、

光、
ほんとうに光のある日とない日では物の見え方がぜんぜんちがう、
朝日を浴びる川辺の新緑はほんとうに美しい、

ああそうすると、
美しさというのはものの中じゃなくて、
光にあるのかな、

そうだとしたら、
音楽の美しさはその音波、音の波の中に、

波、
波は美しいな、
風呂入ってるときに波たてて見ちゃったりするな、、

あ、
でもやっぱ美しさは物の中にもあるか、
そうすると、光というのは物の中にある歴史をよみがえらせて見せてるんだな、
その物の中にある歴史が光でよみがえって光を放って空気を通って目にたどりついて、
心、こころ?にたどりついて心は美しいとおもう。のか?
ああちがう、こちらの体の中にある歴史が、入ってきた光の見せる歴史に共鳴するんだ、、

ん?

これ、ずっと言ってることと同じじゃん。。はは。


とはいえ、
久々にこういうスケールでものを考える時ができたのも、
きのうのライブのお蔭かなと思います。

佐立さん、zouさん、来てくれた人、ありがとう。

のこす営業はあと二回、五月の三日と五日です。

e0297318_08085048.jpg

佐立努とニューヘヴン、beams、を聞きながら。



(2017年5月5日閉店予定です。喫茶部門の通常営業は行っていません。)

[PR]
# by toshiokake2 | 2017-04-30 07:37