<   2017年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧

にっききんようび


だりー 人間性の復権? 知るか!

というのと

あ 元気出て来た がんばるぞー

というのを

3往復ぐらい繰り返して本日今に至る。 午後7時。


そもそもこの標語的なものは掲げた瞬間はやる気に満ち溢れているが数日もするとウザったくなって来てウンザリして来て気付かない内に忘れるか廃棄する・・というのをおそらく十回以上繰り返して今に至りようやくそうゆーもんなんだなと諦観する本日。何だったんだ昨日の熱いブログは。しかしギターを弾くと元気になります。不思議。ここ数年抱えている頭痛もギターを弾いて歌うと30%改善する。何だろう。血行か?


娘に会って来よう。

スーパーで貢ぎ物を買おう。シュワシュワと黄金色のやつ。



[PR]
by toshiokake2 | 2017-09-29 19:06

高知に旅行に、と


高知に五日間旅行に行っていた。
旅行に行く前の日に新宿でにたないけんのジョズエのライブを見に行った。
対バンのブルボンズの人が「もっと大きなものと戦え」と言っていた。
なぜか相撲の嘉風関のことも思い出した。

ジョズエのライブは良かったからCDを買った。
しゃべるなポーラ、というジョズエで最初のアルバムで、
帰ってパソコンに入れてから携帯へ入れて旅へ持って行った。

高知で毎日ジョズエを聞きながら過ごした。
高知ではいつもは田んぼのあぜ道を歩いたり海辺を散歩するのが主なので音楽は聞かないが、今回は鈴虫の声を聞く合間にもヘッドホンでジョズエを聞きながら歩いた。

こんなにも前を向かせる音は無かった。
ライブとCDはいくらか音のバランスが違うが、それぞれに良さが有った。
何より、三十歳も過ぎた男がバンドを解散してまたバンドを組んで、そしてまた前よりもいい音を出しているなんて、と思った。四十間近の自分の人生と、バンドマンとして三十を越えて解散してそして、という部分が重なった。

五日間のんびりしたり、ギターを弾いたりしながら過ごした。
ジョズエに触発されて土曜日に石井さんとスタジオに入ることにしたので、曲を仕上げたかった。できかけの曲が有った。なんだかんだ段々煮詰まって来て、帰り間際の空港で最初に出来た時の歌詞を見たら、なんだ、こっちの方がいいじゃん、となった。

ブルボンズの人が言っていた、「もっと大きなものと戦え」についてずっと考えていた。最初は、ああそうか、そうだな、細かい事にばかり気を取られ過ぎていたな、ツイッターで流れて来るちょっとイラつくことなんて小さい、思えば原発も総理も小さい、もっと大きなものって何だろう、憎悪とか恐怖とか惑いとか、そしたら対抗は友愛とか勇気とか覚悟だろうか。優しさ?なんて思いながら、ああそうだな!と思ったり、うーん、でもなにか、、と思いながら時々考えていた。

旅行の終盤コン詰めて曲作りをしていた(オマケに最初の方が良かった)ために最終日の今日は結構疲れていた。横浜に帰宅していつものスーパー銭湯に行った。フイに思い出した。ヴィレッジヴァンガードで店長をやってた頃、上司が店にやって来て、「君のテーマは何?」と聞かれて、答えた言葉を。それも咄嗟に出た言葉だった。生命の肯定だとか、自然への畏敬だとか、世界一面白い店を作るだとか、アタマで考えた後に作った言葉はその頃も今も持っているけど、その時は反射的に出て来た。後で、随分固い言葉だなあ、と思ってその後はそんなに使わなかった。なんでか風呂に入っていたらその言葉がまたフイに出て来た。考えてみればきっと、生命の肯定だとか自然への畏敬なんてのは、この言葉より小さいんだろう。風呂から帰って、「節約」と書いた紙を壁から剥がして、その言葉を書いて貼った。

e0297318_17051678.jpg


[PR]
by toshiokake2 | 2017-09-28 17:05 | Notes

ジョズエ


にたないけんのバンド「ジョズエ」を見て来ました。
新譜の「しゃべるなポーラ」を買って来て今取込み中。

ジョズエは過去二回は黒いエネルギーが沸いて来て困ってしまいましたが、
今回はそうならなくて良かったです。

ジョズエのライブはホワイトからライトブルー、
そのあとのブルボンズのボーカルさんとのコラボは、オレンジからライトイエロー、
といったかんじ。

明日は早朝から高知へ。



[PR]
by toshiokake2 | 2017-09-23 23:49

おはようございます



昨日は今月最後の水道の仕事に行き、
午後1時半には現場での仕事を終えバイクで事務所に向かっていたのですが、
帰り道に事故に遭ってしまいました。

(と言っても、大事ないのでご心配なさらないでください)

こちらは原付バイクで車道左寄りを直進、
あいては並走する車で左折、
巻込み事故ですね。

ウィンカーに気付いて、あっ、曲がる、曲がった、あー、間に合わない、あーーー、

ボン、ずざーーーー。

という感じで、

接触場所から5メートルほど前へ滑って右に横転しました。

先方は保険会社の方で、
警察、僕の会社への連絡等、スムーズに事が運びました。

ただ先方は、
こちらの体を心配してくれたり、丁寧な物腰ではあるのですが、
あとで思い返すと、

ああ、一度も謝らなかったなあ・・。
ああ、大人のやり方だなあ・・。

と思ったりもしました。


その後、病院に行って、
MRIで脳を見てもらって、異常ありませんでした。
すり傷の処置を少々。


昨日の時点では、
今日は宅急便の仕事に行く気マンマンだったのですが、
(人間は異常があると普段の行動をしたがるもの・・というのを今まで見て来たのですが、自分もそうですね)

朝起きてみると首筋、背中、足などすこし痛むので、
大事を取って仕事はお休み、また病院に行くことにしました。
(昨日の病院は、脳は見れるけれど、整形外科はなかったのです)

宅急便の仕事最終日に、
バイクで事故って休みます、なんて、ウソ臭いなぁ、気まずいなぁー、
と思いつつ、先ほど連絡しておきました。


・・・


昨夜、病院を出ると、急な土砂降りの雨でした。
雨宿りついでに、近くの「アナンダ」というスープカレー屋さんに入りました。

「アナンダ」は10年ほど前から横浜駅東口にあるスープカレー屋さんで、
ときどき行きます。

スープカレーにそんなに興味はなかったのですが、
ここのお店の味と、
お店、店主さんの雰囲気が好きです。


「アナンダ」には、
「アナンダ」になる前は、フランス料理のお店が入っていました。

たしか、「イル・エノトリア」という名前で、
元妻と、初めての彼女の誕生日にデートしたお店。




[PR]
by toshiokake2 | 2017-09-23 08:11 | Notes

観客席で


朝起きて水道のバイトに行く。
今日は仕事量が多かったが気合いを入れてサクサク進めたので午後3時半には退社できる。

帰宅する前に病院に寄る。
医者「どうですか?まだ悪いですか?」
僕「70%回復といったところですが、まだ違和感が。」
医者「はい、アーン。まだ腫れてますね。よし、わかった!君の自然治癒力に任せても完治しないことがわかりました。薬を出しましょう。」
僕「はーい。」

薬局で薬が出てくるのを待っている間、スカパーに電話する。
サッカーのチャンピオンズリーグを見るための契約条件等について教えてもらう。
知りたかった情報を得て電話を切る。
薬をもらって帰宅。

帰宅して相撲を見て風呂に入って元家庭へ行って娘と遊んで、日ノ出町の試聴室へ。
風邪だと思っていたのでシンガーさん達に迷惑かけられないのと、
お酒も飲めないのでしばらく疎遠になっていた。
来週「Barへそ」もあるので挨拶がてら少し寄る。

試聴室を出てから海岸通の馴染みのBarへ。
こちらも原付を譲ってもらう事も有り、挨拶がてら。

Barでは脇でどうもお店をやっていたりするような人たちが話している。
そのうちの何人かが帰り、一人が残った所でマスターに紹介いただく。

随分素敵な場所で素敵そうなお店をやっている人だった。
僕のことも紹介していただくが、僕の場合はお店をやって「いた」、過去形だ。

なんだかムクムクする思いも有るが、
いかんいかん、それはそれであるけど、今それに囚われたくない、
もうちょっと大きい枠でものを見ていたい、
と思います。

ただ今は、
水道の仕事で生計を立て、
たまに畑に行き、
娘を愛し、
年相応に肉体の衰えを感じ、

そうして暮らしております。


いやー、
スカパーのチャンピオンズリーグどうしよ。

寝れなくならない程度にFunが欲しいんだよな・・。



[PR]
by toshiokake2 | 2017-09-21 00:13

原チャリを

原チャリをゲットしようとたくらむ2017年秋。
畑までの30分登り坂キツいですねん。
問題は頭がでかすぎてメットが入らないことのみ。

カルカソンヌをやめたので睡眠が取れて快調。

相撲で阿武咲(おうのしょう)という若手を最近応援しているのだが、本日の取組みで、元大関の琴奨菊に対してまともに組みに行って負けたのを、解説に酷評されていた。「なんでまともに組みに行ってしまったのでしょう」「反省ですね」だと。

俺はそんな阿武咲が好きだ。
今の自分の実力を測りたかったんじゃないかな。

明日は病院、
明後日は畑へ。



[PR]
by toshiokake2 | 2017-09-20 00:06

その店


その店に入ると左の小上がりで辰巳芳子が料理教室をやっており、
来店者は皆、無償で試食をすることが出来る。

正面突き当りの縁側では川口由一が自然農講座をやっており、
広がる畑には茄子、ピーマン、トマト等の野菜が成っている。
任意で、もいで食べられる。

表に出て3分ほど歩いた離れでは、
日替わりで昼と夜にライブが行われている。
無償で、途中入退場自由である。

また少し離れた所には、小さな小屋の中に映写機が有り、
白い壁に、その日来ている映画監督の映画が映し出されている。

母屋の二階はゲストハウスになっていて、
各国から来た旅人と、日本各地から来たミュージシャン、アーティストが滞在している。

これはたぶん、山手の丘の上か、九州の温泉街の奥か、なんかその辺にある。

ちょっと現実味が無いが、
なんかそーいうのがあるといいな、とぼんやりと思いました。

至極この世は退屈である。
あんまり退屈で、昨日削除したカルカソンヌ・アプリを懐かしんでしまう。

カルカソンヌ・アプリを削除した。
あのゲームは面白すぎるが熱中しすぎる。頭を使うので疲れる。生活が破壊される。

けれど今回、面白いなと思ったのは、
ブランク1年余を経て、前より強くなっていたこと。

水道の仕事をするようになったから、
理系脳が活性化してるのかな?と思ったりしました。

僕は環境で変わる。

宅急便のバイトは今週一杯で辞めることにしました。



[PR]
by toshiokake2 | 2017-09-18 22:09

ネバーランドへ


先日のお医者で体調回復して来たとは言うものの、
まだまだ50%、まだまだ体調悪い。

朝は水道の事務所前まで出勤して、
ダルいので脇のローソンの喫煙所で座ってタバコ吸ってると、、

はぁ ネバーランド行きたい・・

という呟きが心の中で漏れ、ケタケタ笑ってしまった(心の中で)。

仕事中の昼下がりにも、
はぁー、ダルいなぁー、とセブンの脇で座って喫煙。

あんまりボヤいて居ても仕方が無いので、
先日作った歌を口ずさんでみる。

今日の日が有り難く思えて来る。

そして帰って医者へ。
扁桃炎だそうな。

夜、やっぱり調子悪い。
また、はぁ、ネバーランド行きてえ・・、と思う。


宮崎駿のことを何故か考える。
鈴木敏夫によれば、宮崎氏はかなり悲観的な人物とのこと。

「生きねば」は、
「こんな世の中で生きたくは無い」という悲観の裏返しだろう。

何かを言うということは、
それを言わなくてはいけない状況が有るということ。

否定と肯定の矛盾した思いをこの人も抱えている。


今日は、
先日収穫したナス・ピーマンを、
元妻が挽肉と炒めたものをいただいて食べた。



[PR]
by toshiokake2 | 2017-09-14 00:36

病院日記


8日前の日曜に岡野クリニック、
あのへそまがりの目の前のビルに入ってる内科に行き、
日曜診療してるとこ少ないのにこの好立地でガラ空きだな・・と不安を覚えつつ、
採血されて4日後に結果が出ると言われ、木曜にまた行き、
二回とも薬を出されたものの全く良くならず、
むしろこの日曜にさらに悪化して喉が腫れて水を飲むのもままならない始末。

こりゃアカンわ、
と鞍替えすることにして今日は紹介状を書いていただき、
天王町の宮川内科に。

宮川内科ではベテランのオッサン医がこれまた採血を指示、
5分で結果が出て、白血球増えてるからと問答無用で点滴、
新たに薬を出され、
「前の薬、今日の昼飲んだ?ああ、いい、いい。今日出す薬すぐ飲んで、夕飯食べたらまた飲んで、明日の朝も点滴に来てください。」
とのこと。
言う通りにしたら、すぐに症状に改善が見られ、
喉はまだ痛むものの、水は飲めるくらいに回復した。

8日かけて症状が改善しない、むしろ悪化する医者と、
4時間で改善する医者・・。

おれの8日間と診療費等9千円を返せーー。

医療なんて、
出て来たデータをフローチャートに乗っけて対処法出すだけなんだから、
すぐプログラム化できそうなのにな・・、
と思うのは素人考えなんだろうか・・。

まあ俺の今やってる水道の仕事も、
始める前、20年ぐらい前は素人考えで、
今ごろは消滅してる仕事だろう、と思ってたからな・・。
(ネットを介した自動化で)

始めてから計算してみると、
水道メーター検針にかかってる人件費は、
まあ概算で1件1回50円とすると、
検針は2ヶ月に1回だから、

50円×6回=300円(年間)

しか、かかってないんだよね。

自動化されたメーターが1個いくらか知らんけど、
こりゃ、そーそー切り替えられないな、という・・。

順番的にも、
水道メーターより、
電気メーターの方が先だろうしね。

それすら、
電磁波問題等で、
アメリカですら切り替えが進んでないという・・。


今日は帰ってから、
Take Away Show を聞きながら、
カルカソンヌをして遊んでいた。

眠い。
おやすみなさい。



[PR]
by toshiokake2 | 2017-09-11 21:41

脳を洗う音楽


ツイッターを見ていたらガムラン・サイケトランスみたいのが転がっていた。
これは気が狂うな。あはは。

こういうのも良いが、
もっとシンプルにお寺の読経とおりん+銅鑼(?)、みたいのも聞きたい。
まえにネット探してみたがイマイチ良いのがなかった。
(ご存知でしたら教えてください yokohamahesoma@gmail.com )

数年前の叔母の一周忌で、横浜久保山のお寺で聞いた読経は良かった。
読経の良し悪しにお寺の規模は関係ないように思う。

あ、シチュエーションもあるのかな・・。
大きなお寺の恒例読経で物見遊山の観光客だらけの中で読経するより、
小さなお寺でも、故人の一周忌で、故人を慕っていた者だけが粛々と集まる会の方が、読経する側も心を作りやすい、かもね。

これも数年前に、
友人のバンドの15周年で、
対バンに出ていた Overground Acoustic Underground を初めて聞いた。

その1曲目が今でも忘れられなくて、
アコースティックギターが3本入っていて、脳が洗われるような感じがした。
脳圧(イメージです)が下がって楽になり、肩の力もぬける感じ。

それからほかの曲もそのライブで聞いたし、OAUのアルバムもいくつか聞いてみたが、その脳が洗われるような感触には届かなかった。(好きですけど)

同じではないが、
肩の力が抜けるという意味では、良い読経はそれに近い。


数日前に図書館で美学の本を立ち読みしていたら、
ドビュッシーだか誰だかがガムラン音楽に触れたとき、
これに比べたら、自分たち西欧の作って来た音楽は児戯に等しい、と思ったと言う。


カルカソンヌをダウンロードしてしまったお蔭で、
ここ48時間で4時間しか寝ていない。

ハイパー無駄ではあるが、
アレをしこたまやっていると、
脳の滞っていた部分が回りはじめて、発想の角度が変わる気がする。

そう言えば、ブログの雰囲気もすこし変わったような。


さて、さすがに寝る、か・・?
カルカソンヌを素通りして寝られる気がしないが・・


明日こそは畑へ。



[PR]
by toshiokake2 | 2017-09-09 23:11