ひさしぶりにコーヒーを淹れたりして



きのうは畑に行った帰りに喫茶店・陽のあたる道に寄ってコーヒーを一杯、そして珈琲豆を一袋買った。あんまりヒマなので知り合いにいくつか声をかけて一人つかまり、和田町の黄金湯に行ったあとに六角橋の半屋台みたいなオデン屋で飲んでいた。ここは安いし、亀齢(キレイ)という純米酒が500円で飲めるのでたまらない。一年ぶりぐらいに行った。

オデンを肴に飲んでいたらテレビの取材が来て、隣りの昆虫博士みたいなオジサンがたまたま捕まって話していた。オジサンは畳屋だが(しかし見た目はどう見ても大四畳半惑星系だが)趣味が虫と菌類の観察で、手のひらサイズのノート四冊に、びっしりと手書きの記録と、昆虫の絵があった。

それもだんだん上手くなって点描みたいになってたりして、なかなかこれほどのものは見られないな、と感嘆した。すでに泥酔していたのでこの表現の100倍くらいホメていた。その日、彼はトミーを名乗っており、僕はスティーブンという名前をもらった。連れはブリトニー・スピアーズという名前をもらっていた(男)。

七時になったらツイードブックスに行ってジャズレコードを聞く会に参加した。酔っぱらっているので良い子にしておこうと思ったが、酔っぱらっていたので隣りの席の姉さんにコーヒーを貰ったりしていた。思えばこの時点で飲みすぎなので、コーヒーがやたらとウマかった。

会がハケたら鳥作という飲み屋へ行った。カウンター隣りの若いカップルが「800万画素のカメラが〜 800万画素で〜」とウルサイので、僕も「ハッピャクマンガソ ンギギギギー」と気狂いのまねをして対抗した。連れに「ちょっと黙っててください」とか言われた気がする。

この時点ですでに二日酔いが始まりかけており、やや気分すぐれず、店内のタバコの煙が気持ち悪かったので、帰る事にした。なんか最近、深酒するとタバコの匂いが妙に気持ちわるい。アイコス吸うなら死んだ方がマシだ、と思っていたけど、切り替えようかな、と少し思う。昨日知人に吸わせてもらったら、あのヤニの気持ちわるい感じがなかった。(じゃあところで吸う意味あんのか?とも思います)


まったくヒマでヒマで仕様がない。
仕様がないのでコーヒー豆なんか買って来たりしている。

そう、コーヒーを淹れるのはアナログで愉しい遊び、


朝に飲む人が多いようだけど、
僕は夜に飲むのが好きです、お酒飲んだ後とか



そう、そう言えばアイススケートにも行った、娘と。
左足に体重を乗せて、ズスイー、
右足に体重を乗せて、ズスイー。
これもアナログな遊びだなー、と、思った。
滑っていると自然とリズムというか、波のような抑揚が出てきて、
歌いたくなったりして、

ああ、
フィギュアスケートっていうのが出来たのもわかるな、って



[PR]
by toshiokake2 | 2017-12-17 22:10
<< コーヒーを ら >>