真夜中のカーボーイ、ジュリー・デルピー


真夜中のカーボーイ、という映画を数日前に見た。
これはあんまり、、今の俺にはハマらなかった。つらいよ。アメリカン・ニューシネマは今の僕には要らない。

ジュリー・デルピーの、「パリ、恋人たちの2日間」という映画をさっき見た。
こちらは良かった。いや、すごい良いとかではないんだけど、、僕は「ビフォア・サンライズ」シリーズ以来、ジュリー・デルピーさんのファンなので。。「ビフォア」シリーズでは、ジュリーはいいけどイーサン・ホークが、、ちょっとアホで物足りないな、、と思ってたので、今回ジュリー・デルピーが主演脚本監督製作音楽まで手がけたこちらを見てみたら、やっぱり相手役の俳優がイーサンよりも小難しいことを言う男性に変わっていた(そうすると、それはそれで鬱陶しくもあるんだけど、、)。

まあでも、良かったすよ。とくに終わらせ方が良かったかな。後味わるくないです。

なんかこう、ジュリーさんがこういうものをつくろうとする姿勢、そういうとこまで込みで見ちゃうので、なんかまあ好きですよね。こっちもすこし元気になります。

見終わったあと、懸案にカタをつけるべく少々連絡など。


メモ
Everything is over over over C/F/F/C
Everything is over and can I walk again? C/F/F/C

[PR]
by toshiokake2 | 2017-06-21 17:14
<< お知らせ ニューヨーク >>