4月17日 日記


2017年4月17日。

いつも通り水道の仕事に行って4時ごろ退社。帰宅途中に郵便局で更新されたクレジットカードを受け取ってラーメン屋に寄り帰宅。店の片付けをしようかと思っていたが、お疲れ気味なので7時半ごろまで夕寝。娘の顔を見に行ってスーパーへ。ドライフルーツとアイスクリームを買う。帰って録画していた笑点を流しながらビッグイシューを。
e0297318_21423102.jpg
ビッグイシューは少し前まで年間購読していたが、なんとなく気が乗らなくなって中止していた。どうも僕は勝手に送られて来るものというのに食指が伸びづらいようだ。今回は横浜駅東口でいつもの販売員さんを見つけ、気になる特集だったので買ってみた。トレインスポッティング2と、都会で畑。

都会で畑、の方は、ちょっと期待しすぎた。ふーん、うん、こういう人たちも居るよね。という。。渋谷のライブハウスの上で畑をやる人たちというのは、やっぱり少し僕とは性質が違うな。。それ以外の、地味にやってる人たちの話は気になったけど、いかんせん遠い。横浜にも居ればいいんだけど。

トレインスポッティング2の方は、、まあ前に書いたからいっか。「中年の危機」「老い」という、前作とはまったく違うテーマです。そのうち見に行こう。

表紙につられて買ったビッグイシューだったけど、アメリカでパイプラインを止めたハードな環境活動家の話なんて乗ってて、これすごい話だけど全然知らなかったな、、とか、、再生エネルギー中心の新電力を紹介する「パワーシフト・キャンペーン」とか、そうそう、こういう情報ほしかったんだよね、、というのも、、載っていて、、

やっぱこの雑誌ペラッペラだけど、
僕の知りたい情報がピンポイントに載ってるな・・

と、あらためて思いました。

・・・

やっぱり、
こうした現在進行中の、現実の話には魅き寄せられます。

話が飛ぶように感じるかもしれませんが、

芸術や表現、アートには、
・暮らし(日常)のなかで発揮できない己の発現
・新しい(だけどもこれからの当り前になる)暮らし/スタイル/価値観の提示
という2側面があると思います。

前者については、ここでは置いておきます。

後者について。
アートの役割は「きっかけ」であり、暮らしこそが「本体」だと思います。

いまある「暮らし」とは、これまでの「アート」を含めたいろいろな「気付き」の波及によって出来てきているもので、「アート」は「暮らし」のレベルまで波及してこそ(社会的には)意味を持てます。これは、アートファンの方よりも、アーティスト自身の方がわかっていることだと思います。

なんかすげーエラソーになって来たな・・

つまりなんというか・・

暮らし、に興味があるんだよ。。

結局、

暮らしが本体なんで、、

「つぎなにやるんですか?」
「つぎもなにか面白いことやるのー?」よく聞かれるんだけど・・

暮らしがいちばん面白いっていうか・・

そのうえでたまたま発現したのがあのお店だっただけで・・

僕としては、やってることはそんな変わってないっていうか・・

「暮らし」のなかに、、

「暮らし」のひとつの提示としてアレがあっただけだよ・・


暮らし、、

ぼくべつにそんな出来た人間じゃないし、、だらしないとこも多いんだけど、、

出来れば、、

電力はなるべく再生エネルギー使ってる会社に乗り換えて・・
野菜は天王町の土ものがたりで買って・・
畑にできればたまに行って・・
日光をよく浴びて・・

出来れば、そういう暮らしがしたいなあー、と、、

その方がきもちいいというか、、ゴハンおいしいし、、

アイスクリームのパック、スーパーで買うけど・・
マックのチキンクリスプも、たまに食うけど・・
タバコのポイ捨ても、たまーにするけど・・
結局、移住もしてないけど、、

それはそれで、もういいと言うか、、

いいもわるいもなく、、あるもんはあるんで、、

土ものがたりで買った醤油とか、、
うどんつゆにちょっと垂らすと、、味に奥行きとふくらみが出て、美味しいんだけど、、みんな知ってんのかな、、そういうの、、いいカツオ節とその醤油と、須磨くんのニンニクで猫まんまチャーハンとかつくると、、もうそれだけでウマいんだよな、、
e0297318_21431801.jpg


(2017年5月5日閉店予定です。喫茶部門の通常営業は行っていません。)

[PR]
by toshiokake2 | 2017-04-17 22:37
<< ほへー 大奥14巻など >>