日記とRay 二流と一流、夢を追う事とその代償


Rayという映画を見た。
今日のテーマは二流と一流、そして夢を追う事とその代償。

・・・

今日は朝早くに起きて水道のバイトへ行った。
本日はお仕事二人分+新人レクチャー手当、で、ついに時給換算2200円ペースを超えた。そして労働時間も長引かず、16時には退社できた。毎日がこんなペース、ってわけじゃないけど、さしあたり至極順調。

・・・

Ray、について。

・・・

二流と一流。

Ray、は二流とも一流とも言えない、というよりは、二流の時間と一流の時間が両方ある、めずらしい映画だった。あとでエンドロールを見てみると、音楽シーンでは実際のレイチャールズの演奏を使っているところが多かったようで、その時間が一流の時間を造っていたのかな、と思った。実際に、最初の30分ほどは、やべえ、つまんねえ、と思っていたけど、その辺りで差込まれた演奏シーンからグイグイ引き込まれて、最後まで飽きずに見た。

ここで「二流」と「一流」という言い方をしているけど、これは少し語弊があるかもしれない。ここで僕が言っている「二流」「一流」というのは、

二流、自分より小さく幼く、あるいは自分と同じように小さく幼く見えるもの。だから可愛らしくも見える。ララランドや、風立ちぬは、これにあたる。Ray、の演奏シーン以外の多くもこれにあたる。

一流、自分より大きいもの、破格のもの、大人に見えるもの。ゴッドファーザーやレミゼラブル、ナウシカがこれにあたる。Ray、の演奏シーンの多くもこれにあたる。

二流より一流が優れている、とは一概には言えない(まあ優れてるんだけど)。すこしベクトルが違う。一流には決して持てない、二流の強みというのは有る。

一流のものを、つくるものというのは、何なんだろう、ということもボンヤリ考えながら見た。余談ではあるが、「コウノドリ」という糞漫画が僕は大嫌いで(井上雄彦のパクリの絵、わかりやすい御涙頂戴エピソードに、力の無いパクリ絵をのっけて、手軽に大衆の支持を得ようとしてるのが大嫌い)、ただドラマは見たところ悪くなかったので、何でだろう、と思って考えてみたら、たぶんドラマでは本物の赤ちゃんを現場で使っていて、赤ちゃんの持ってる本当のパワーが、役者さんやスタッフさんに影響したんじゃないかな、と思いました(妄想ですけど)。

まあ、なんとなく、そんなことも思い出しながら、Ray、を見た。
コウノドリ、の赤ちゃんの役割を、Ray、では本物のレイチャールズの演奏が、担ってたんじゃないかなと思う。

・・・

夢を追う事と、その代償。

代償を払って夢を追う人、夢の代わりに何かを失った人、捨てた人、というのは、どうにも魅力的です。女房子供を捨てて出家した人、家庭を顧みず宇宙にその足跡を残した人、酒で身を滅ぼしたフォークシンガー、などなど。 Ray、のレイも、そうした姿を晒しながら物語の上を進んで行く。それは僕にとっても、どうしようもなく魅力的なのだけど、、

ここ数年は、そういうタイプのものを見ているときに、いかんいかん、感化されちゃダメだ、俺もうそっちじゃない気がする。これからつくるべき、つくり上げて行くべきものはそっちじゃなくて、、

と、思う。(ようにしている。)

代償を払って夢を追う物語、
風立ちぬ、や、ララランド、も、これにあたる。いやーもう、好きなんですけどね。もう可愛くて可愛くて。すごい感情移入しちゃうし。でもね。

そうじゃないと思うんだよね。

なにもかもが二者択一で、どっちかだけしか、選んじゃいけないわけじゃ、ないし。

もうすこし時間をかけて、ゆっくり時間をかけても、いいと思うんだよね。

物語やドラマになりやすくて、カタルシスの求められる展開、そういうのだけじゃなくてもいいでしょ。

そういう、
ゆっくりしたものをつくり出そうとしてる人、いくらかいると思います。

僕はどっちかというと、そっちかな。ちかごろは。

カタルシス系の映画は、娯楽として楽しんで、すこしはなれとくようにしないとね。

Ray、では、クスリと手を切るまえの、レイがカタルシス系人生あゆんでる時期がほとんどで、その後の、クスリと手を切ったあとのことは、簡単にしか紹介されなかったんだけどね。そっちの話にも、キョーミがあるよ、と思いました。

・・・

今日は水道のバイトも高収入で帰りもそんなに遅くなく、順調な一日。。だったはずなんだけど、なんかこう、ちょっぴり、イライラするような気持ちもある。これはちかごろずっと大体、ちょっぴりある。これやってていいのかな、このままでいいのかな、人生あとなんか、まだなんか、、という気持ちがずっと、ちょっぴりどこかでくすぶっている。フラストレーション。。?

でも、この気持ち、どこから来てるんだろ? ほんとに何かやりたいのか、ただ閉店が間近でナーバスになってるのか、そのナーバスさから逃避しようとしてるだけなのか。。?

とりあえず今は、閉店して落ち着いてから、またそれから、、

と、思っております。

もうねえ、つぎなにやるんですか、つぎなにやるんですか、うるさい。




(2017年5月5日閉店予定です。喫茶部門の通常営業は行っていません。)

[PR]
by toshiokake2 | 2017-04-08 00:46
<< 四月八日 日記 日記 四月四日 >>