覚えておきたい一日


今日あったこと。
水道メーター検針と、Sくんとゴハンと、須磨くんと電話と、退去の合意。

・・・

朝起きて水道メーター検針の仕事に行く。
今日は勝負の日で、というのも、先日「もっと仕事を増やして欲しい」と言った所、「二人分やるって言うことですよね?でも、二人分やったからって帰社が遅くなってもいい、ていうわけじゃなくて、3時か3時半には帰って来てもらわないといけません。」とのお話だった。そして今日初めて、二人分を担当した。朝8時に出社して、用意をし、現場に行って、、、昼2時すぎには帰社できた。3時半に退社。おそらく今日の給与は12,000円ぐらいだから、時給1600円ペース。入社3か月で、いいペースになって来た。

退社前の事務作業をしていると、件のS君が横で研修を受けていた。案の定、退社後にフロに誘われたが、僕の希望でフロではなくメシへ。とりとめもなく話して1時間ほどで解散。

帰って来て洗濯物を取り込み、すこし昼寝をする。4時半から6時くらいまで寝る。寝て起きて、たまっていたメールやメッセージのやり取りなどしていて、宮古島の須磨くんに、そういえば数日前にFBのメッセージを送りっぱなしだったな、と思い開く。返事が来ていたので、返す。そのときFBのメッセンジャーをダウンロードしたのだけど、よく使い方がわからないな、と思ってさわっていたら、須磨くんに電話をかけてしまう。須磨くんが出たので、すこし話す。お互いの近況、こんど宮古島に行くよ、とか、DIYでスタジオ作るって言ってたけどどうなった?とか。

彼と話して電話を切ると、いつもとは違う心持ちになっている。彼の持っているバイブレーションが僕に作用するのか、僕が何か彼といた宮古島での日々を思い出すのか、受け入れられているように感じるのか、、

いい気分になる。

いい気分だし、いつもとは違う。ここ横浜で暮らしていて感じることはそうない気分。畑に行って作業したあとの気分を、もっとすすめたような感じ。おだやかな爽快感、視野がひろがったような感覚、安心感。

アッパーではなくて、
ピースフルにワイドにいい気分。

なかなか都会では得難い気分だ。思い出す。そう言えばこの感覚が好きで、移住しようとか言ってたんだっけな、、と。(いまは移住とかは一旦棚上げですが。)

なにが正しいのか、思い出したような気分。
霧が晴れたように、
モヤモヤしていたものが消えていったような気分になる。

正しい道が、また目の前にのびている映像が見えた。

だけどもこんな気持ちも、
今日寝て起きて、そして明日になって、、
そんな日々を繰り返して行くうちに、また忘れていくのだろうか。

須磨くんとの電話を切ったら、
大家さんからメールが来ていた。

退去費用の負担割合と支払い方法について合意した。
おそらく近日中に退去告知をし、GW明けには退去するだろう。

悩みの種が一つ消える。



[PR]
by toshiokake2 | 2017-02-07 22:18 | Notes
<< ただの日記 たぶん静かな時代はもう終わる(僕の) >>