雑記 高知帰省と


先週高知へ帰省していた。
生まれた場所である土佐久礼へ行って、
ぽけーーーー、
とするのが主目的だったのだが、

ついでに行きたいとこがあって、
しらべてみたら閉店していた。


なんとなくそんな気もしていた。

NoraRecordさんが文中でおっしゃっている、

ノラレコードは再びソフトのみになって
箱を飛び出し軽やかに活動を続けます。」

という言葉、
うん、そうだよなあ、と思った。

四万十ノラレコード、浦和クークーバード、立川セプチマ、京都みなみ、
波長のちかい場所がいくつか、ここ一、ニ年で閉じた。

黄金町試聴室も、つぎの春で閉じる。
(移転検討中みたいです)

みんなそれぞれ、
閉じる事情はちがうのだろうけど、

時代でくくってみると、
やはり変化の速度---周囲も内側も---が速くなっているので、
開店&閉店のスパンは20年ほど前より短期間になっているのだろうな、と思う。

憶測ですけど。

・・・

高知に行ってから思い出した、もう一つの目的。

四万十町のおばあちゃんに手紙をあげた。

四万十町には、
僕の生まれる少しまえに、原発建設計画があったと、
ちかごろ本を読んで知った。

本の中に、
おばあちゃんが、原発計画に反対していたと書いてあった。

全然知らなかった。

手紙に、
おばあちゃんのおかげで僕のふるさとがまだある、
ありがとう、
と書いた。

おばあちゃんは、
泣いて「うれしい」と言っていた。




[PR]
by toshiokake2 | 2016-10-13 21:50
<< you see the world 日記 きもち >>