エビトマトカレー


朝五時半に目が覚める。
カーテンがないので、日が高いこの時期は目覚めが早い。
二度寝してもいいのだけど、畑に行くことにする。

なんやかんや身仕度して七時前に畑到着。
ネギと玉ねぎを収穫。
ほか次のトマトなど植える準備をして帰路へ。

朝ごはんを食べていないので、帰り道になにを作ろうか考える。
トマトがたくさんあるので、エビトマトカレーを作ることにする。

採れたての玉ねぎをカットする。
オリーブオイルでゆっくり炒める。

ニンジン、ニンニクも余っているので、刻んで投入。
エビを投入。黒胡椒をガリガリ振る。

キャベツも余ってたので刻んで投入。
ブナシメジを投入。
ツナ缶四缶投入。
再び黒胡椒を振る。

熟れ気味のフルーツトマト20個くらい、半分に割って投入。
グツグツ煮る。
オリーブオイルで炒めたクミンシードを投入。ちかごろめっきりクミンシードにハマっている。うまい。なんならそのまま食って欲しい。

セージも余っていたので刻んで投入。水を1200cc入れる(14人前なのです)。

グツグツ煮る。一時間煮る。

ここで隣のおばちゃんと地区の会報を配りに行く。今月から地区委員。まったくやりたくはないが、仕方ない。大人なので仕方ない。こうした地道な努力が、ライブイベント開催などの時、いくらか大目に見てもらえるカギです。一回りして帰宅。

カレールーを投入。ガラムマサラを投入。カイエンペッパーを投入。

クミンシードを再び投入。

完成。

店先のパクチーを摘んできて盛り付け。

食う。ウマい。辛い。

e0297318_12165168.jpg
辛い エビトマトカレー 800円 (大盛1100円)

パクチー抜きもできますが、このパクチーは独特の嫌味がなく、パクチー嫌いだった僕も食べれるようになったものなので、出来ればトライしてみて欲しいです。宮古島の須磨くんにもらった種から育てました。


本日金曜は、午後五時半から午後十時まで、営業しています。


店主へそ

[PR]
by toshiokake2 | 2016-05-06 12:42
<< 雑記 魂 >>