たまにここでお店をやる人 募集


たまにここでお店をやる人を、募集します。

いろいろ考えていることはあるのですが、
かんたんに言うと、

週1〜月1とか、隔月とかでも、
このお店を僕に代わってオープンしてくれる人を、募集しています。

営業形態は、
いまのへそまがりと同じでもいいし、
お好みに合わせて変えてもらってもかまいません。

(たとえば、
いま毎週月曜開催の「スナック菜々子」では、
菜々子さんが店主で僕は不在、
お客さんはお通し500円+1ドリンク500円から、
売上の何割かを菜々子さんに、何割かを僕に、
ドリンク仕入れは僕が用意、
おつまみは菜々子さんが用意、
という形態です。)

僕にもらいたいお金の目安は、
平日3000円、
金土日祝5000円、
というのが、貸切時の料金なので、いちおうの目安です。(あくまで目安)
今回は、貸切でなく、フリーでお客さんが来れることを考えると、もうすこしハードル低くてもいいかな、と思います。

どうしてこういうことを言うかというと、
週5でお店にいるのがダルい
お店以外のこともしたい
休みたい、遊びたい
でもこのお店に来たい人もいるだろうから、お店は開けたい
いろいろ人が来て楽しいことが起こると良い

とか、そんな感じです。

以下は、長くなるので読みたい人だけ見てください。

そもそも現代〜近い将来において、
単純にお金だけ稼ぐなら、組織でやった方が効率が良いし、これからもそうなって行くだろうと予見しています。

それに対して、
個人で営業するということは、楽しさ、やりがい、というのが最高の報酬で、金銭面では弱いと思います。これは、内にいる個人としては、もちろんナニクソとがんばるわけですし、スピリットのある個人同士だからこそ生まれる、人と人とのつながり、組織では味わえなかったであろう最高の瞬間、というのはあるのですが、俯瞰して時代背景も見ると、総体としてはそういう流れ---金銭を求めるなら組織優位・楽しさやりがいは個人優位---の上にあると思うのです。
僕が個人営業しているのは、楽しさ、やりがい、のためなのですが、だからこそ、この店に週5日8時間とか拘束されるのは、調子が悪いです。これだけやってて満足な人だったら、これやってません。(だからときどきサボります)
一方で、この場所があることを心の支え、というと大げさですが、この店に開いていてほしい、と思っている人たちもいるわけですし、そうした人たちの邂逅から、なにか素敵なものが生まれるように、お店を開けておくのも、大切な仕事ではあるわけです。
だから、
ここはこことして開いたままで、僕は週の何日かはべつのことをしたり、組織でお金を稼ぐ(平たく言うとバイト)というのも良いんじゃないかな?とか思ったりするわけです(そう言えば「スーパーローカルヒーロー」のノブエさんもバイトしてましたね)。なにせ自由度を上げたい。

そこで、
たまにここでお店をやる人を、募集します。

「個人で何かやってみたい!」
と思ってる人は、いくらかいると思います。
でも、いきなり自分で物件を借りるとなると、たいへんなので、
練習的な意味合いで、使ってもらえると、おたがいちょうどいいかもしれません。

商売はたやすくなく、
ここを使ったから、いきなりここのお客さんがワンサカ来るということはありません。もしやっていただけるとしたら、お客さんは自分の力で集めるという覚悟は持ってください。責任は自分にあるという心構えを持ってください。その心構えさえ持っていただければ、結果どうなろうと、僕はかまいません。お願いする立場で偉そうですいません。

なにか、メンバー7人とか集まって曜日がわり、とかになって、
いい化学反応が起こるとサイコーだな、

とか思いますけど、まあそんな何人も集まんない気しますが、

もしご興味おありでしたら、ご相談ください。
よろしくお願いします。


[PR]
by toshiokake2 | 2016-03-27 11:09
<< 雑記 もうなくったって >>