貧民の引越・退去の知恵 法テラス


こんにちは。
今日は僕のような貧民のみなさんのために、
引越の退去費用を不当に払いすぎないための経験談です。
興味のない人はスルーして下さいね。

結論から言うと、
不当に請求された、
45,000円のハウスクリーニング費用を、
法テラスに相談して、
10,000円の支払いで手打ちにした、
というお話です。

先日、
2年弱住んだアパートから引っ越したのですが、
退去時に45,000円のハウスクリーニング代を請求されました。

契約前に、
ハウスクリーニング代について説明はありませんでした。

契約時に、
ハウスクリーニング代を退去時に要負担、と契約書に書いてありました。
金額が書いていなかったので確認したところ、
ハウスクリーニング代が1万円から2万円、退去時にかかるというお話でした。

退去時に、
ハウスクリーニング代が3万円〜4万円かかる、と言われました。
「それは契約違反ではないですか?」とたずねたところ、
「(ハウスクリーニング代の金額は)契約がないので契約違反もない」とのことでした。

後日、
ハウスクリーニング業者見積もりとともに、
ハウスクリーニング代45,000円を請求されました。

僕は、
ハウスクリーニング代についての交渉とは別に、
敷金の返還を要求しましたが、断られました。

そこで、
法テラスに相談しました。

法テラスでは、
僕のように低収入で弁護士費用の負担が難しい人も、
無料で法律相談ができたり、
弁護士費用を一時的に立替えてもらえたりします。

相談の結果、
今回のケースは、
契約書にハウスクリーニング代要負担と記載があっても、支払う義務はない。
なぜなら、
居住者に極端に不利な契約内容は無効だから。
とのことでした。

敷金の返還に付いては、

一つは、
少額訴訟という手段があり、
費用は6000円から7000円+α、
スピーディー。

もう一つは、
先方に、
ハウスクリーニング代をいくらか支払う意思があること、
拒否した場合は少額訴訟することを伝えて、
返答を待つ。
たぶん合意する。

とのことでした。

僕は、
先方の不動産会社には、今回の件のみならず、過去にも杜撰な対応があり、謝罪もしないので、とても怒っていましたが、
大家さんには、とくに恨みはない(まあ不動産会社選択の責任あるのですけど)ので、

ハウスクリーニング代1万円負担を提案して、
合意・敷金返還してもらいました。

長くなりました。

何が言いたいかと言うと、

・不当に退去費用を請求された場合、こういう方法もあります
・泣き寝入りは、次の犠牲者を生むので、なるべくがんばろう

ということです。

法テラスの利用に付いては、
事前に要点をまとめておくと良いと思います。

いつかあなたの助けになれば、幸いです。


(当記事は僕の経験もとに簡略化して記載しています。当記事を参考にしてあなたが損害を被ったとしても、責任は負えません。ご容赦ください。)


(owner Ken 店主へそ)

[PR]
by toshiokake2 | 2016-01-27 00:00
<< 2/1(月)スナック菜々子 (... 1/24(日)〜 >>