いよいよ寒くなってまいりました

いよいよ寒くなってまいりました12月の水曜日、皆様いかがおすごしでしょうか。おすごしも糞も寒くてスマホのスクロールもままならねえよ、という声が聞こえて来たような気がします。早く捨ててしまいなさいそんな物。こちらもあまりに寒いのでコタツを出しました。コタツ布団もかけました。コタツに入りながら一人でロッキー観ながら過ごすこの店は最高です。収入以外は。こんばんは。漫画に興味が無い漫画喫茶店主です。漫画に興味が無いので、喫茶店のフリをしています。
今朝は恋人関係の事情で退去する住人の空きベッド用に、ニトリに布団を買いに行ったところうちのお店のお客さんを見かけまして、その後に白楽のサリサリカレーに行ったら、お店の前でまた別のお客さまに声をかけていただきまして、珍しいこともあるもんだなという一日でした。どうして白楽に行ったかと申しますと、TweedBooksさんという皆様もご存知のお店がありまして、そちらに少々用事があって、本を少し売ろうと思って行ったのですが、これからの冬はめっきり当店の来客も減って、収入激減が予想されるので、今日は本を売るだけでぜったい無駄遣いしないぞ、と思って行ったわけですが、TweedBooksさんで本棚を見ていたら、落語のテープ十巻セット千円、というものを見つけてしまいまして、これは俺が買わなかったら誰が買うんだ、いまどきテープ再生できる人そうそういないよ、という訳で仕方なく購入してしまいました。そしてついでにサリサリカレーへ、これも無駄遣いはしないぞ、閉まっててもほかの店には入らずに帰って自炊しよう、サリサリカレーが開いていた場合だけ入ろう、と決めて行くとこれが開いておりまして、仕方なくやむをえず入りまして、ええ、たいへん美味しゅうございました。なんでもサリサリカレーのご店主は北海道から沖縄へ車で移動しようとして、途中の白楽でガソリン代がなくなったからそこでお店を開いたそうです(あくまでウワサ)。
落語と言えば「どうらく息子」なる漫画がうちのお店にありまして、いえ、わたくし漫画に興味が無いのでみなさん全然読まなくて結構なのですけど、これが「夏子の酒」の漫画家さんが現役の落語家さんと膝を突き合わせてつくっているたいへん良い漫画で、そりゃあもう夢六師匠の話なんか涙なしには私読めなかった訳なんですけども、読まなくて構いません。「落語心中」なる人気落語漫画もあるわけですが、それより「どうらく息子」の方が良いと、落語に精通した某Dさんが言っていたとしても、読まなくて構いません。漫画なんて読まなくたっていいんです。
ところで話は戻りますが、そのTweedBooksさんで私12月14日の月曜日に、出張してイベントを、いえそんな大したもんじゃありません、ちょこっと中年二人が妻帯後に体験した恋心についてお話しする、それも失楽園みたいな肉体関係有りの派手なやつじゃなくて、もう中二病、第二次中二病みたいなしょうもないやつなんですけど、もしも興味があるという、十人に一人程度の奇特な方、そんな貴方様はどうぞお越し頂けると嬉しいですし恥ずかしいです。

中年の危機と、その実体験
日時:12/14(月)19時半〜20時半
場所:TweedBooks
料金:500円
話し手:喫茶へそまがり店主へそ、D=グレース
(予約メール kentaisa@hotmail.com (へそ店主))

ではでは、あいかわらずお客さまも来ませんので、私キムチでもつまみながらお酒でも嗜ませて頂きます。日本酒か、泡盛か、やっぱ奇跡のお酒あまってたから、日本酒熱燗かなー。

<本日紹介の蔵書場所>
どうらく息子 2階階段あがって頭の上
落語心中 同上
落語テープ 聞きたい人は店主まで

(火〜土 午後3時オープンになりました)
(owner Ken 店主へそ)

[PR]
by toshiokake2 | 2015-12-02 18:12
<< 雨の日 徒然 >>