お知らせ


6月29日(木)横浜・試聴室その3
「オモロイDAY 〜哀愁で酒を呑む会〜」
無料(1drinkオーダー〜) 18時オープン
※純100%トークショウ へそ参加は19時半から

7月6日(木)横浜・試聴室その3
「BARへそ」
1drink+お通し(300円)より 18時オープン
※ふつうにバーテンをやります メニューは試聴室3いつもの

7月20日(木)横浜・試聴室その3
「BARへそ」
1drink+お通し(300円)より 18時オープン
※ふつうにバーテンをやります メニューは試聴室3いつもの



[PR]
# by toshiokake2 | 2017-06-22 22:28

真夜中のカーボーイ、ジュリー・デルピー


真夜中のカーボーイ、という映画を数日前に見た。
これはあんまり、、今の俺にはハマらなかった。つらいよ。アメリカン・ニューシネマは今の僕には要らない。

ジュリー・デルピーの、「パリ、恋人たちの2日間」という映画をさっき見た。
こちらは良かった。いや、すごい良いとかではないんだけど、、僕は「ビフォア・サンライズ」シリーズ以来、ジュリー・デルピーさんのファンなので。。「ビフォア」シリーズでは、ジュリーはいいけどイーサン・ホークが、、ちょっとアホで物足りないな、、と思ってたので、今回ジュリー・デルピーが主演脚本監督製作音楽まで手がけたこちらを見てみたら、やっぱり相手役の俳優がイーサンよりも小難しいことを言う男性に変わっていた(そうすると、それはそれで鬱陶しくもあるんだけど、、)。

まあでも、良かったすよ。とくに終わらせ方が良かったかな。後味わるくないです。

なんかこう、ジュリーさんがこういうものをつくろうとする姿勢、そういうとこまで込みで見ちゃうので、なんかまあ好きですよね。こっちもすこし元気になります。

見終わったあと、懸案にカタをつけるべく少々連絡など。


メモ
Everything is over over over C/F/F/C
Everything is over and can I walk again? C/F/F/C

[PR]
# by toshiokake2 | 2017-06-21 17:14

ニューヨーク


友達がニューヨークへ行くというので、
数年前に泊まりに来たニューヨークの青年のことを思い出しました。

オランダ系の金髪長身の白人で、
白馬に乗った王子様のような容姿でしたが、
彼は少しもその端正な容姿をひけらかすような所もなく、
一週間の滞在中、ただもの静かにずっと本を読んでいました。

彼の教えてくれた音楽で好きなものが二つ。

一つは、
Xylouris White (シルリス・ホワイト) の Chicken Song。

Xylouris White は、
Dirty Three のドラマー、Jim White と、
ギリシャ人の民族楽器 laouto (ルート) 奏者、George Xylouris から成るユニットです。

映像は、Jem Cohen (ジェム・コーエン) という監督が撮っているのですが、
この人のフィルムに We Have An Anchor という映像作品があって、

この映像は、
カナダのアメリカとの国境の東端にある、ケープ・ブレトン・アイランドという岬がテーマです。ケープ・ブレトンはすごく自然環境の厳しい所で、住人はほとんど居ないそうなのですが、そこに数十年前にアーティスト夫妻がDIYで家を建てて住みはじめて、だんだんその志に共感する人が増えて来て、、という場所だそうです。

もう一つは、
Vic Chesnutt (ヴィク・チェスナッツ) の You Are Never Alone。

Vic Chesnutt は18歳の時に自動車事故に遭い、四肢が麻痺しているのですが、その麻痺の残る手を使ってギターを弾き歌っています。こういう話を込みで紹介するのもどうかと思うのですが、、僕はこれも込みで聴いたのでたいへん沁みてしまいました。(残念ながら2009年に亡くなっています。)

Vic Chesnutt が出演している NPR Music Tiny Desk Concert という音楽ライブシリーズがあるのですが、これはニューヨークのNPRという非営利ラジオ局の小さなオフィスで、有名無名関係なくミュージシャンを呼んでライブをしてもらうシリーズで、先の Jim White や、アデルも出演しています。

Vic Chesnutt の映像をよく見ると、Jem Cohen の映像に出てるギタリストが出ていたり、、うちに泊まりに来た青年は、近所に住んでいて彼らと時々すれ違う、と言っていたり、、僕はニューヨークに行ったことはありませんが、なんとなく、ニューヨークにもそういう風に似た波長の人がつながる雰囲気があるんだろうな、、と想像して興味を持ったりしていました。

彼が紹介してくれた映像に、ほかにも A Take Away Show というシリーズがあって、フランスの人が始めて、今では世界的に音楽好きのあいだでは有名なシリーズだそうなのですが、

あれ? それ知ってる知ってる、僕の知ってるテニスコーツっていう日本のユニットも出てるよ、と紹介したり、

音楽だけでなくて、
彼も僕と同じように有機栽培や自然栽培に興味があって、
僕が読んだ、日本人の自然栽培農家の本を、ニューヨークの巨大本屋で見つけて読んでいたりしていました。

なんとなく、
どれだけ距離が離れていても、
おなじようなことを考えて想っている人は居るし、
そうした人とは巡り会うこともあるものだと思います。

いろんなニュースがありますが、
この、その、心の中にあるものは、
おもてには見えなくても、ずっとそこにあって、
そうした人たちは、ほかの国にもいて、、

・・・

彼とまた連絡をとるのは難しいだろうけど、もし僕がニューヨークに行くことがあったら、彼が教えてくれたような場所に行ってみたい、と思っています。

さて、明日は朝から畑の見学に。




[PR]
# by toshiokake2 | 2017-06-11 00:11

今日、昨夜


きのうの夜は、手がきで日記を書いていました。
手がきにしたのは、
夜ねる前にパソコンを見ると寝つきがわるくなりそうなのと、
手がきのものが好きだからです。

そして今日アップしようと思っていたのですが、
今日になってみるとなかなかそういう気分になりません。
まえの日のものをやるというのに気持ちが乗らなかったり、
スキャンや撮影をしてアップするのが億劫だったり、
やっぱり手がきが赤裸々で恥ずかしかったり、するのかもしれません。

内容は、
「ニューヨーク眺めのいい部屋売ります」という映画を見た話から始まって、
きのうの水道検針で、人が亡くなったことがわかってしまった話につながります。

人が亡くなったことを知ったとき、
じぶんの心がやんわりとしずかになって、それを好きだという話と、
その人が亡くなったことを話してくれたおじいさん、そのおじいさんの雰囲気の話、
そんなことを書いていました。


今日は、
仕事から帰って夕方6時に寝て、10時まで寝ていました。
さきほどまた布団に入ったのですが、寝つけなかったので、こうして書いています。



[PR]
# by toshiokake2 | 2017-06-09 02:09

6月6日


(今回はなんか、、グチっぽい話になります)


宅急便の仕事から帰って来た。
今日は戦争だったのである。先日、もう1か月2か月前だろうか、4月上旬に働けなかった件について記事を書いたが、その件が未だ決着しておらず、どうもミスをした張本人と思われるKが、「自分にミスはなくて、Sさんのミスです」と言い張っており、仕方がないのでその上司や人事部に相談するも、「張本人Kから謝罪させます」とは言うものの一向に連絡が来なかった。仕方がないのでこちらからKに連絡してみると、「いま電話できないので後ほど連絡します」とは言うものの、一向に連絡が来ない。仕方がないので今度は労働環境相談窓口に相談すると、今日は人事部の人間が直接やって来て、彼がKを呼んで、やっと謝罪いただけた。

なにも謝罪させてとっちめたかったワケでもなく(それもあるけど)、結局そのK本人からミスを認める行動(謝罪)がないと、僕から見て事実確認が取れないのである。普通の会社だったらこんなことまでしなくても良いが、なにせこのKはエリア副支店長という結構な立場でありながらウソをついているわけだし、どうもこの組織を見ているとかなりイイカゲンなので、今回は手間はかかったが直接謝罪まで持って行って事実確認することにした。

問題発生から事実確認まで、3か月弱。

いちおうKに言うべきことは言って、ミスも認めさせて、
また再発防止については、人事部のYも「会社で検討する」とは言ってたものの、、どうだかなあ。この会社を見てると、これはK一人の責ではなく、企業体質に思える。ほかにも同僚で僕より若い者が、社員登用と聞いていたのに入ったらパートだった、とか、理不尽な話がゴロゴロしている感じである。そりゃあこの規模の会社で、やっと最近「未払い残業代の支払い」とかやってるくらいだから、、呆れるを通り越してウケるレベルである。ウケていても仕方がないので、自分としてやれることは少々やる。

しかしまあ、どうだろなあ、、
少々スッキリはしたが、これでスッキリして終わらせてたら、これまでKみたいなタイプの人を野放しにして、「あの人はダメな人だよねえ・・」と言って何も改善しようとしなかった周辺の人たちと一緒だよなあ。。それだと結局何も変わらないっていうか。。実はこういうのって、K本人よりも周辺に責任があるんだよなあ、、Kには責任能力ないんだから。。システムの問題なんだよなあ。。



帰ってプランターに玉砂利と土を入れて、パセリの種をまいた。
クミンも植える予定だけど、まだ種が届かないので、半分だけスペースを空けてある。

ミニトマトの実がふくらみはじめた。
ゴーヤのツルがベランダの支柱をつかんでくれた。

e0297318_07211446.jpg



[PR]
# by toshiokake2 | 2017-06-06 22:45

6月5日


今日も今日とて水道検針の仕事に行く。
8時15分に出勤して14時すぎに退社。200件余をこなして日当1万円と少々。わるくない、が、飽きて来たのと、新人さんたちが成長して来て人員が潤って来たので、追加の仕事があまり回ってこなくなった。まあいっか。

帰宅して帰す刀でスーパーへ。どうにもケチャップで何かが食いたくなったので、サンドイッチ用のパンとレタス、ハム、チーズを購入して帰宅。冷蔵庫にあるケチャップとマヨネーズ、黒胡椒をガリと振ってサンドイッチを作る。

録画してあったチャンピオンズリーグ決勝を観劇しながら食事。試合当日は午前4時に目が覚め、ユヴェントスの同点ゴールから見たので互角の印象だったが、あらためて前半のクリスティアーノロナウドのゴールも見ると、あらこれ完璧だね、完全に崩してるね、やっぱレアルの勝ちだわこれ。という印象。マンジュキッチの同点ゴールを再度見て、寝る。

何時に寝たのか憶えてないが、起きると5時前だった。布団でまどろんでいたら電話。鶴ヶ峰の市民農園から。ここには昨日今日と3コール入れておいたのだが、全くつながらずツブれたか、と思っていたら掛かって来た。「空きありますよー。見学、午前ならだいたい居ますよー。」とのこと。この手の人の「だいたい居ますよー」は不安だが、、と思いつつ、一旦電話を切る。

時計を見ると5時過ぎ。しまった。なくなったケチャップを買いに土ものがたりに行こうと思ってたのに、、。禁断のネットショッピングを検索をしてみるが、送料高いので断念。やっぱ明日お店で買おう。

ツイッターを見ていたら「ガムラン」という言葉が目に入ったので、ネットでガムラン音楽をかけてタバコを持ってベランダへ。一服しながら、娘のために練習しているドラえもんの曲でもまた弾くか、と思う。いや、やっぱ明るいうちにゴーヤとタイムを植えよう。あとパセリも。



[PR]
# by toshiokake2 | 2017-06-05 17:59

SMOKE


SMOKE、という映画を観た。よかった。

港の花火が遠くに見えた。


[PR]
# by toshiokake2 | 2017-06-03 20:52

[情報募集] 畑/家庭菜園のできる土地 横浜市〜鎌倉市


畑/家庭菜園のできる土地を、さがしています。

広さは、
じぶんが野菜を育てるだけなので、3坪〜10坪もあれば十分です。

場所は、
横浜駅から電車・車などで30分以内くらいだとうれしいです。

空地や、庭先など、
本来は畑でない場所でもだいじょうぶです。

もし情報あったら、おしえていただけると助かります。

よろしくおねがいします。

へそ
yokohamahesoma@gmail.com

[PR]
# by toshiokake2 | 2017-06-03 16:25

2017年6月2日


ベランダに出てたばこに火をつけて一服。
ん?左耳の上になんかあるなー?とまさぐると、挟まれた煙草が一本。
みなさまいかがおすごしでしょうか。

暑い暑いもう暑い。
プールに行きたいが岡野公園の野外プールは7月1日がプール開き。
近所の屋内プールは開いてるが一人で屋内プールなんぞ行ってもなーんも面白くない。早く開けプール。

画像はネギちゃんとシソちゃん。
e0297318_15162969.jpg

[PR]
# by toshiokake2 | 2017-06-02 15:18

2017年6月1日


宮古島から帰ってきた。

宮古島に移住して音楽と有機農業をやっている須磨くん。もう移住して6年ほどになるか・・継続してるのが格好いい。最終日、友達とDIYで作った森のスタジオに行く、とのことで別れた。

帰ってきて今朝。
水道検針の仕事は午後2時半にはアガり。
自然食品店とスーパーで材料を買ってカレーを作る。今日は娘に晩ご飯を食べさせる予定なので、食べやすいようにツナカレー。トマトが苦手とのことで、かわりに酸味を得るため柑橘類を搾る。

娘を迎えに行って食事。
おわったら一緒にベランダの鉢へ苗を植える。
ミニトマト、ナス、パクチー、バジル。
植えたら風呂に入れて帰す。

移住したいとか思ってたこともあったけど、現在の家庭環境で娘をほっぽり出して自分だけ移住っていうのはちょっと、、ないな。
かと言って、ついて来てくれる感じでもないので、とりあえず移住はナシ。

そうした制約のおかげもあってか、
やりたいこと、やること、おぼろげにまとまって来た気がする。

家庭(?)を基盤に、
自然栽培や有機農の実践、まずはベランダ菜園から。
ときどきギターでも弾ければ。

歩みは小さいけど、とりあえずはそんな所から、
少しずつやって行きます。

・・・

AmazonPrimeで音楽が聴けることを発見したので、
Bluetoothのイヤホンを買って、仕事中も聴けるようにしてみた。

メタリカを聴いてたら、最初ノリノリで、30分たったらバテた。
あとずっと、ビルエヴァンスを聴いていた。

We will meet again、というアルバムが気になって、聴いてみたら良かった。
どんなアルバムなんだろ、と、いまWikipediaで調べてみて、へー、と。



[PR]
# by toshiokake2 | 2017-06-01 21:46